山口県 | 介護士福祉施設求人

山口県の介護求人ランキング

介護士さんを募集してる山口県の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
山口県の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが介護転職サイトランキングで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

あなたのやる気をきちんと聞いて全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

1【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。
  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。

一緒に、両立できる就職先を探しましょう。

介護施設と一口に言っても、多くの種類がありますね。
それに、同じデイサービスと言っても、仕事内容はたくさんあります。
先ほど考えた、【1】あなたの希望を叶え、【2】意欲を発揮できる施設はどこでしょうか。

高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

今こそ高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

日本の高齢化率は、2010年には、23.1%が65歳以上となり75歳以上が10%を超えています。

そう、約4人に1人が高齢者、その中で75歳以上が10人に1人いるわけです。

この高齢社会を支える仕事こそが、介護職です。

介護施設ではあなたを待っています。

介護の仕事は、身の回りのお世話することだけだと思っていませんか?

ただ大変な仕事としか思ってませんか?

しかし介護施設は、地域とのかかわりあいや、季節の行事などを積極的に行い、利用者だけでなく、自身も楽しむ場であります。

自分が、何年、何十年か先に入るかもしれない場所をみんなで力を合わせて、より良い場所にしましょう。

行事では、自分の特技を生かせることもあります。今の仕事にやりがいを感じていないあなたこそ、この仕事に生きがいを求めてみませんか?

無資格未経験OKの介護職求人募集状況

無資格未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として無資格未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

無資格や未経験での介護職への転職は、とても不安が大きいものではないでしょうか。
介護の現場は経験していくことで仕事を覚えられますので、そこは心配しないでくださいね。
むしろ、最初に職場を決める時がポイントになりますので、じっくりとご自分に合った職場を選ぶようにしましょう。
無資格未経験でも丁寧に指導してくれる介護施設もたくさんありますので、あなたひとりでは見つけられなかった優良施設も「転職支援サイト」のサポートを受ければすぐに見つかると思いますので、おすすめしています。

お近くの介護施設でも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

ページの先頭へ