当麻町(上川郡)で探す!ヘルパー 資格保有者優遇の介護求人

当麻町(上川郡)で働く!ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーは、高齢者や身体の障害を抱える人に対し、日常生活上で困難なことの援助やケアを行う仕事です。
業務内容は基本的に「身体介護」「生活援助」「相談・助言」になります。

身体介護とは?

利用者が日常生活上困難なことをホームヘルパーが援助し、利用者の機能や能力のケアに努めます。
・トイレ介助
・食事介助
・着替え介助
・入浴介助
・身だしなみの介助
・服薬の介助
・体位変換
・付き添い介助
利用者が清潔にすることを心掛け、常に救急時の対応も考えておくことが必要です。

生活援助とは

・住居の掃除
・食事の用意
・洗濯
・買い物の代行
・その他
ごみだし、布団のシーツ交換、病院での薬の受け取り代行など日常生活の援助をします。

相談・助言とは

利用者と関わる場合、生活や介護について相談されたら助言・アドバイスをします。
利用者から相談されホームヘルパーが助言するためには、日頃からコミュニケーションを大切にして信頼関係を築いておくことが必要です。
当麻町(上川郡)で探す!
ヘルパー 資格保有者優遇の
介護転職サイトランキングはコチラ!

介護転職サイトランキング

介護士さんを募集してる当麻町(上川郡)の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
当麻町(上川郡)の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが介護転職サイトランキングで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

ケアマネージャーの求人数

近年、介護や医療系の仕事に対して、求人数がかなり増加しています。

その理由としては、現代社会が高齢化となり、高齢者の数が多くなったことも関係しています。

介護保険などの制度も充実しており、このような制度を利用して、老人ホームや訪問介護サービス、デイサービスなどの介護、福祉施設を利用する人も増えています。

このような仕事の中心を担うのがケアマネージャーであり、高齢者向けの施設では、必ず配置が義務づけられています。

ケアマネージャーの仕事とは、介護サービスの計画を立て、それを利用者に提案して、利用を希望する施設との連絡を取ることがあります。

そのため、利用者にとっては、重要なポジションとなります。

介護の仕事では、責任のあるポストとなり、収入もアップしますので、ホームヘルパーから、ケアマネージャーを目指す人も少なくありません。

ケアマネージャー求人も多くあり、各都道府県の施設でも募集をしています。

都道府県は関係なく、どこでもケアマネージャーの仕事は出来ますし、ケアマネージャー求人もいろんなところであります。

もし、仕事を探しているならば、派遣会社に登録して、自分に合った職場を探してもらうもの良いですよ。

ケアマネージャーのお仕事をお探しですか?

ケアマネージャーのお仕事をお探しですか。

ケアマネージャーは何だろうと思う人がいるかもしれませんが、正式には介護支援専門員といって、居宅介護支援事業所などで多く働いています。

自宅に介護が必要なご老人がいるご家庭なら、利用したことがあるかもしれません。

特に、ケアマネージャーは、利用者と直に接する仕事だから、コミュニケーション能力も必要です。

精神的・肉体的にきつい仕事ですが、遣り甲斐がある仕事です。

試験以外にも、経験が必要です。だれでも取得できる資格ではありません。経験と知識が必要です。

ケアマネージャーの求人を探すなら、都道府県別の施設で探すのが効率的です。

とかく、ハードな勤務のイメージが強いケアマネージャーの仕事ですが、都道府県別の施設の求人で検索すると、土日休みや、残業がほとんどない施設の求人がヒットします。

対利用者と接する仕事だから、100%残業がない仕事ではないけれど、働きやすい職場がきっと見つかるはずです。

介護士パート求人から読み取れること

介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。


介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

検索数の多い介護施設

ページの先頭へ