下仁田町(甘楽郡)で探す!特別養護老人ホームの介護士求人

下仁田町(甘楽郡)で働く!特別養護老人ホームの仕事

特別養護老人ホームはどちらかと言えば、自立に向けて積極的に介護を行うというよりも、毎日の生活に寄り添うような形になります。
基本的には食事・入浴・おむつ交換・排泄など日常生活で外せないものをする必要があります。
そして水分補給や食事の準備、レクリエーション、事務作業と内容自体は色々です。
日勤の場合は9:00~18:00まで夜勤の時で17:00~22:00くらいまでです。
たまに早番や遅番の時は2時間ほど前後します。
下仁田町(甘楽郡)で探す!
特別養護老人ホームの
介護転職サイトランキングはコチラ!

介護転職サイトランキング

介護士さんを募集してる下仁田町(甘楽郡)の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
下仁田町(甘楽郡)の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが介護転職サイトランキングで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

介護業界への転職・就職を決めた理由は?

まず、あなたの気持ちを整理しましょう。
介護業界への転職を決めた理由はなんでしょうか。それが新しい転職先を探すための大事なポイントになります。

「仕事へのやりがい」これが理由の方がたくさんいらっしゃると思います。



財団法人介護労働安定センターが実施した、平成 22年度の「事業所における介護労働実態調査」、「介護労働者の就業実態と就業意識調査」では、介護職への就職を決めた理由として、「働き甲斐のある仕事だと思ったから」という理由が一番多くあがっています。

また、現在の仕事の満足度アンケートでは「仕事の内容・やりがい」が 52.8% で1番多くなっています。「人や社会の役に立ちたいから」、「お年寄りが好きだから」も多い回答でした。

介護の道へ進む方は、「仕事内容とそのやりがい」が重要で、「それが人の役に立っていることが喜び」という優しさと愛情を持った方が多いですね。

管理栄養士・栄養士の勤務先

管理栄養士・栄養士 とは

【仕事の内容】
利用(入居)者の食事に関する全てのコーディネートを行うお仕事

①利用(入居)者の食事管理、栄養指導を行う (病気の治療、健康回復ではなく、維持管理が主)
②個別の体調や、食べる力(能力・量)を確認し、各自に合った献立や調理法の決定
③スタッフへの指導(水分摂取、栄養管理など)
④給食業者、調理者の業務管理(含助言) など

【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など

【必要な資格】
管理栄養士(国家資格)・栄養士(厚労省認定資格)

介護士パート求人から読み取れること

介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。


介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

検索数の多い介護施設

ページの先頭へ