茶話本舗/デイサービス御野場介護コンサル求人【正社員介護士福祉施設求人】

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆看護師取得者の求人多数。☆あなたの希望する求人多数あります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


茶話本舗/デイサービス御野場では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



茶話本舗/デイサービス御野場の概要

郵便番号 〒010-1425
住所 秋田県秋田市御野場新町1丁目18-1
電話番号 018-874-9049
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

茶話本舗/デイサービス御野場の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



正社員介護士福祉施設求人

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆看護師取得者の求人多数。☆あなたの希望する求人多数あります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



ハローワークでの就職・転職活動は難しい?

年収400万円以上など、あなたの希望を全て叶える転職を、ハローワークで探すのは大変ですよね。

最近では求人票に記載されている内容が「嘘が多い」と問題になってます。

就職・転職活動を全てを1人でやらないといけないとなると、不安多いですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って、紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。

これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 職員が次々と退職してしまい負担が大きくなった
  • 給料が安くて将来が不安になった
  • 経験を活かせる仕事がさせてもらえなかった
  • 職場の人間関係が面倒くさかった

転職の理由が「交通費が支給される会社に就職したい」「年収400万円以上の職場に転職したい」「子供が小さいので夜勤なしの仕事がしたい」「正社員として採用して欲しい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「正社員介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●育児休暇ある施設で働きたい。

●有給休暇が有る施設に勤めたい。

●ヘルパーとして仕事がしたい。

●有料老人ホームの求人を探している。

●ショートステイで勤務したい。

●デイケアーの求人を探している。

●介護職の仕事がしたい。

●包括支援センターに就職したい。

●昇給がある介護施設で働きたい。

●グループホームの求人を探している。

という希望なら

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆看護師取得者の求人多数。☆あなたの希望する求人多数あります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



高齢化社会に伴う介護施設の重要性

高齢化社会に伴う介護施設の重要性が高まる中、あなたのお住いの近くでも介護施設の増設を進めています。

夫婦共働きが増える現代社会において、介護問題は深刻な問題になっています。

女性の社会進出が進められている背景もあり、新しく建てられる介護施設が多くみられています。

それに伴い介護施設では、介護士求人に力をいれています。

いまやハローワークなどでも介護士求人は多く見られています。

その背景には施設の急激な増加に介護士が不足しているという側面があります。

いま、社会復帰や仕事を探している人には介護士求人がおすすめです。

資格の取得も職場で支援しているところも多くありますし、新しい施設が多いということは、その職場を1からつくることに参加できます。

これはなかなか普通の仕事ではできないことですし、働きながら学ぶことができる介護の特徴とも言えると思います。

男性だけでなく女性にも行うことができる仕事なので、今後介護士求人には注目です。




介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。

自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。

またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。

高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。

・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。

短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。

週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。




介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




秋田県内の要支援・要介護者の状況

要支援・要介護者数の推移

要支援・要介護者数の増加【現状と課題】
● 平成12年に約33,000人だった要支援・要介護認定者数は、平成26年には約72,000人となっています。
第5期計画期間の平成24年から平成26年までの3年間では約6,600人増加し、平成12年当初と比較すると約39,000人の増加となり、約2.2倍の認定者数となっています。
● 平成18年4月に要介護区分が見直され、それまで「要介護1」とされていた区分が、「要支援2」と「新たな要介護1」に分けられました。

高齢者に占める要支援・要介護者

● 要支援・要介護の認定者数は、高齢化の進行や介護保険制度の普及・定着などから現在も増加を続けています。
● 比較的軽度な要支援1から要介護1までの方が、平成26年度では全体の約4割を占めています。

要支援・要介護者数の将来推計

● 要支援・要介護認定者となる割合の高い75歳以上の後期高齢者の増加が続いていくと推測されています。
● 要支援・要介護認定者もそれに伴い、今後3年間で約5,500人増加し、平成29年には79,509人となり、団塊の世代が75歳以上となる平成37年には、88,000人を超えることが見込まれます。



介護人材の育成と確保

介護人材の現状と需給推計

【現状と課題】● 今後、要支援・要介護認定者の増加に伴い、介護サービス量の一層の増加が見込まれ、これに対応するための人材の確保が喫緊の課題となっています。
● 団塊の世代が75歳以上となる2025年には、全国で最大250万人の介護職員が必要と推計されており、本県においては介護職員が約2,800人不足すると見込まれます。
● 生産年齢人口の減少が見込まれる中にあっても、医療と介護の連携を図り、介護サービスや地域包括ケアシステムを支える人材を安定的に育成・確保する必要があります。

介護人材の養成状況

〔介護支援専門員〕
・ 平成26年度までに、6,366人が介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修を受講ののち、介護支援専門員として登録されています。
・ 介護サービス事業所で実務に従事している介護支援専門員は、平成26年4月現在で2,190人となっています。
・ 介護支援専門員の資質向上を図るため、登録の更新制、二重指定制を取り入れ、義務化・体系化された各種研修を習熟度に応じて実施しています。
・ 主任介護支援専門員は平成18年に創設され、地域包括支援センター等において、介護支援専門員への助言指導や包括的・継続的なケアマネジメント支援業務の中心的な役割を担っています。

〔介護員〕
・ これまでの「介護職員基礎研修」と「介護員養成研修1級課程、2級課程、3級課程」は、平成25年4月から「介護職員初任者研修」に一元化されました。介護職員初任者研修では、介護業務に従事する上で必要となる基本的な知識・技術を習得します。
・ 県は、研修を実施する機関を指定しており、平成27年1月末現在で35事業所が指定養成研修機関の指定を受けています。
・ 平成25年度末までに指定養成研修機関での研修を修了した者は、37,562人となっています。

〔介護福祉士〕
・ 県内の平成26年3月末時点における介護福祉士の登録者数は、14,891人となっています。
・ 社会福祉士及び介護福祉士法の改正により、平成24年度から、一定の研修を修了した介護福祉士や介護職員等は、一定の条件の下でたんの吸引等の医行為を実施することができます。
また、平成28年度以降の国家試験に合格した介護福祉士は、一定の条件の下でたんの吸引等の医療行為を行うことができます。
・ 介護福祉士の資格取得に向けて受講する「介護職員実務者研修」について、平成27年4月からは、県が研修を実施する機関を指定します。

〔看護職員〕
・ 就業している看護師及び准看護師数は、平成24年12月末現在で、看護師が10,005人、准看護師が3,464人、合計で13,469人となっています。
全体としては増加傾向にありますが、准看護師はやや減少傾向にあります。
人 口 1 0 万 人 当 た り の 就 業 者 数 で み る と 、 看 護 師 及 び 准 看 護 師 合 計 で 、1,266.9人となり、全国平均(1,077.2人)を上回っています。
・ 就業場所は、病院が約65%を占めていますが、近年、在宅医療・介護の進展などに伴って、介護保険施設等への就業者が増加傾向にあります。



就職・転職コラム

自分の能力を磨きたい。どんどん自分の力を伸ばすことができる勤め先で就職したい、といった願いをしょっちゅう聞きます。スキル・アップができていないと気づくと転職を意識する方が多い。
どんなに成長企業であっても、確かに未来も問題ない、そういうわけではない。だから就職の際にそういう面も十分に確認を行うべきである。
職場の上司が素晴らしい能力なら幸運なことだが、そうじゃない上司なのでしたら、どんなふうにしてあなたの能力を見せつけられるのか、あなたの側が上司を手引きすることだって、大事だと思われます。
転職活動が学卒などの就職活動とまるっきり異なるところは、「職務経歴書」だと考えます。今までの実際の職場でのポストや職務経歴などを企業の担当者に理解しやすく、ポイントを確実に押さえながら記載しなければなりません。
そこにいる面接官があなたの表現したいことを把握しているのかを眺めつつ、しっかりとした「コミュニケーション」ができるようになったら、きっと合格の可能性も高くなるのではないのだろうかと考えられる。

注目されている企業といわれる企業等であって何千人も応募者がいる企業では、選考に使える人員の限界もあるので、最初に出身大学で、篩い分けることはやっているようだから仕方ない。
はっきり言って就職活動に取り組み始めた頃は、「目標の会社の採用を勝ち取るぞ」と張り切っていたにもかかわらず、続けざまに不採用の通知ばかりが届いて、最近ではもう採用の担当者に会うことすら恐ろしく感じて動けなくなってしまいます。
いくつも就職選考に挑戦していると、納得いかないけれども落とされることが出てくると、活動を始めた頃のやる気が日増しにどんどん落ちることは、誰にだってよくあることです。
無関係になったといった見方ではなく、なんとかあなたを受け入れて、内定の連絡まで決めてくれた会社に向けて、真情のこもった応答を取るように努めましょう。
「氷河時代」と初めて銘打たれたジェネレーションで、マスコミが報道することや世間の感覚にどっぷり浸かる内に「働く口があるだけで稀有なことだ」などと、働き口を即決してしまった。

最底辺を知っている人間は、仕事の場でも頼もしい。その頼もしさは、諸君の武器と言えるでしょう。将来的に仕事の場面で、相違なく活用できる日がきます。
企業によりけりで、事業内容だとか望んでいる仕事なども様々だと思いますので、就職の際の面接で強調する内容は、様々な会社によって相違しているというのが当たり前です。
例を挙げると運送業などの面接を受ける場合、簿記1級もの資格を持っていることを伝えてもまるで評価されないのであるが、逆に事務職の面接の場合であれば、即戦力をもつとして評価されるのです。
注意が必要なのは、人材紹介会社など民間のサービスは本来、就職していて転職希望の人を対象とした企業やサービスである。だから企業での実績となる実務経験がどんな仕事の場合でも数年程度はないと対象にすらしてくれません。
新卒でない人は、「なんとか入れそうで、経験も得られそうな会社」なら、どうあっても入りましょう。零細企業だろうとなんだろうと支障ありません。仕事で培われた経験と職歴を蓄積することができればそれでいいのです。