秋田在宅ケアセンター介護社員求人【パート介護士福祉施設求人】

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。


秋田在宅ケアセンターでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



秋田在宅ケアセンターの概要

郵便番号 〒010-0051
住所 秋田県秋田市下北手松崎字前谷地142-1
電話番号 018-887-3886
施設形態 訪問介護
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

秋田在宅ケアセンターの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



パート介護士福祉施設求人

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護業界への転職・就職を決めた理由は?

まず、あなたの気持ちを整理しましょう。
介護業界への転職を決めた理由はなんでしょうか。それが新しい転職先を探すための大事なポイントになります。

「仕事へのやりがい」これが理由の方がたくさんいらっしゃると思います。

財団法人介護労働安定センターが実施した、平成 22年度の「事業所における介護労働実態調査」、「介護労働者の就業実態と就業意識調査」では、介護職への就職を決めた理由として、「働き甲斐のある仕事だと思ったから」という理由が一番多くあがっています。

また、現在の仕事の満足度アンケートでは「仕事の内容・やりがい」が 52.8% で1番多くなっています。「人や社会の役に立ちたいから」、「お年寄りが好きだから」も多い回答でした。

介護の道へ進む方は、「仕事内容とそのやりがい」が重要で、「それが人の役に立っていることが喜び」という優しさと愛情を持った方が多いですね。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 休憩時間も取れないほど忙しかった
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった

転職の理由が「経験を活かせる施設で働きたい」「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「親の介護があるので日勤のみが希望」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「パート介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●福祉用具貸与の求人を探している。

●介護施設で看護師として働きたい。

●定年後再雇用制度があるところを探している。

●収入を今よりもアップさせたい!

●マイカー通勤で交通も便利なところを探している。

●年間休日100日の介護施設で働きたい。

●未経験だけど介護の仕事がしたい。

●訪問リハビリに就職したい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●ショートステイで勤務したい。

という希望なら

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

コチラがおすすめです!



ホームヘルパーの募集

ホームヘルパー求人はどの都道府県を見ても絶えず募集はあります。

ですが、施設や事務所などにより給金はもちろんの事、働き方や仕事の内容は大分異なります。

例えば通常の介護施設であれば、(基本)早番、遅番、日勤、夜勤などのローテーションで働きますが、訪問登録ヘルパーの場合は毎週1日だけ。週3回1時間だけ。というような自分の都合に合わせて働く事が出来ます。
(小さい事務所だと仕事数が無くうまく自分の都合と合わない事もありますが、その場合は他の事務所にも登録しておくという手もあります。)

登録ヘルパーの良い点は小さいお子さんがいても(事務所にもよりますが)それを前提に働けるという所です。

お子さんの体調の変化や、行事などでなかなか休める仕事はありませんが、それでも良いので仕事をしてほしいという所もありますので、諦めず問い合わせてみましょう。

又、ホームヘルパー求人にて都道府県別に感じる事と言えば、まずお給料と募集数です。

どちらも都会であるほど多いのです。その点も視野に入れ納得のいく職場を探してみてはいかがでしょうか。




パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。

  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。

    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。



    介護の仕事の特徴

    まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

    介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

    訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

    次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

    また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

    施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

    健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

    他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

    訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

    最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

    特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

    ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

    ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

    その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




    秋田県介護計画策定の趣旨

    ●秋田県では、平成22年の国勢調査において、高齢化率が全国一となる29.6%となりました。
    平成26年10月1日現在の高齢化率は32.6%と、全国平均の26.0%を6.6ポイント上回っており、依然として全国一の高齢化率となっています。
    (高齢化率は秋田県年齢別人口流動調査及び総務省統計局公表の人口推計データ)
    また、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、平成42年には全国で秋田県だけが40%を越えて、41.0%にまで達していると推計しています。
    ●秋田県では、平成12年3月に「秋田県介護保険事業支援計画・第2次老人保健福祉計画」を策定し、その後、3年ごとに同計画を策定しており、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「第5期介護保険事業支援計画・第6期老人福祉計画」では、新たに地域包括ケアシステムの実現のための取組をスタートし、医療・介護・福祉連携促進協議会の開催や、セミナーの開催などを行ってきました。
    ● 平成27年度から平成29年度までを計画期間とする「第6期介護保険事業支援計画・第7期老人福祉計画」については、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる平成37年を見据えた中長期的な視野に立った施策の展開を図るとともに、高齢化率全国一の秋田県として、地域包括ケアシステムの実現に必要な取組をより一層発展させていく施策を進める計画とします。



    各種施策を総合的にスピード感をもって進め、地域包括ケアシステムの早期実現を図る

    ● 本県の高齢化率は全国一である状況が続いており、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、今後も本県の高齢化率は増加し続け、平成42年には全国で本県のみが40%を越え、41.0%にまで達するとしています。
    ● 高齢化率の増加に伴って、介護を必要とする人や認知症の人も増加すると見込まれます。
    ● 平成24年4月施行の改正介護保険法において、様々な専門分野が連携し、介護が必要な人や高齢者などを、地域で包括的に支援していく『地域包括ケアシステムの構築』が提唱されました。
    これは、日常生活に必要な医療、介護、介護予防、住まい、生活支援のサービスを利用者のニーズに合わせて、一体的に切れ目のない支援をしていくものです。
    ● 国では、平成37年を目処に地域包括ケアシステムの実現を目指していますが、高齢化率が全国一である本県においては、各種施策を総合的にスピード感を持って進め、高齢者等が住み慣れた地域で暮らすことができるようにするため、地域包括ケアシステムの早期実現を図る必要があります。

    訪問系サービス

    ● 一人暮らしの高齢者や高齢者のみで構成される世帯が増加する一方、共働きも増加し、日中に自宅で独りとなる要支援・要介護高齢者の増加などにより、訪問系サービスの需要は増加し、それに応じて事業所数も増加しています。
    ● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。
    ● なお、介護予防訪問介護は、平成30年4月1日までに地域支援事業に移行します。

    通所系サービス

    ● 一人暮らしの高齢者や高齢者のみで構成される世帯が増加する一方、共働きも増加し、日中に自宅で独りとなる要支援・要介護高齢者の増加などにより、通所系サービスの需要は増加し、それに応じて事業所数も増加しています。
    ● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。
    ● なお、小規模な通所介護事業所は、平成28年度に地域密着型サービスに、介護予防通所介護は、平成30年4月1日までに地域支援事業に移行します。

    入所系サービス

    ● 短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護は、近年、施設の整備が進み増加しており、サービス供給量も伸びています。
    今後も利用者数、事業所数共に増加が見込まれます。
    ● 整備に当たっては市町村との連携をこれまで以上に密にします。
    ● 特定施設入居者生活介護については、県の老人福祉圏域ごとの整備計画と市町村の整備計画の整合性に留意し、県と市町村が連携して指定をします。

    福祉用具サービス及び住宅改修

    ● 福祉用具貸与及び特定福祉用具販売を効果的な生活支援とするためには、介護支援専門員の関わりが重要です。
    ● 住宅改修では、手すりの設置や段差の解消の工事等にサービス利用の増加が見込まれます。
    ● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。

    居宅介護支援・介護予防支援

    ● 要支援・要介護認定者数の増加に伴い、サービス利用の増加が見込まれます。
    ● 利用者数の増加に対応できるよう、介護支援専門員数の確保とともに、各種の研修による資質向上を図ります。

    地域密着型サービスの供給見込量

    ● 一人暮らしの高齢者や認知症高齢者の増加等が見込まれることから、要介護状態になっても、できる限り住み慣れた家庭や地域で生活が継続できるよう、地域密着型サービスの基盤を拡充することが必要です。
    ● 特に、定期巡回・随時対応型訪問介護看護や、看護小規模多機能型居宅介護の導入に向け、情報提供を行うなど、市町村の事業所整備を支援します。

    定期巡回・随時対応型訪問介護看護

    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

    夜間対応型訪問介護

    ● 一人暮らしや夫婦だけの高齢者世帯に対する24時間の安心感を提供できるサービスとして、今後、利用が増加するものと見込まれます。
    ● 平成26年度までは利用が無い状況ですが、今後、都市部を中心としてサービス提供体制の整備を支援します。

    認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護

    ● 認知症高齢者ができる限り、なじみの事業所において、家庭的な環境のもとでサービス提供されることから、このサービスに対する利用は今後も増加するものと見込まれます。
    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

    小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

    ● 認知症の特性に配慮したサービスとして創設され、これからの高齢者介護の主要なサービスのひとつとして必要性が増しています。
    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

    認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

    ● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

    地域密着型特定施設入居者生活介護

    ● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

    地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

    ● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

    看護小規模多機能型居宅介護

    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

    地域密着型通所介護

    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。
    ● 併せて、平成28年度に、既存の小規模な通所介護事業所が円滑に地域密着型通所介護事業に移行できるよう、市町村等への支援を行います。


    就職・転職コラム

    転職といった、あたかも何回も切り札を出してきた経歴がある人は、ひとりでに離転職回数も増えます。そんな訳で、1社の勤続が短いことがよくあるということです。
    よくある会社説明会とは、会社側が挙行する仕事のガイダンスのことで、セミナーとも称されるものです。希望する生徒達や就職希望者を集めて、会社の概略や募集の主意などを説くというのがよくあるものです。
    厚生労働省によると就職内定率が悪化し過去最悪なのだそうだが、でも採用内定を手にしているという人が少なからずいるわけです。内定の返事がもらえる人ともらえない人の大きな違いはどこにあるのでしょう?
    いわゆる職安の引きあわせをしてもらった場合に、その職場に就職が決まると、年齢などに対応して、そこの会社よりハローワークに対して手数料が渡されるそうです。
    もう関心ないからというという立場ではなく、ようやく自分を受け入れて、就職の内定までしてもらった企業には、謙虚な対応姿勢を注意しましょう。

    一般的に日本企業でいわゆる体育会系の人が望まれる理由は、言葉遣いがちゃんとできるからだと言われます。学生とはいえ体育会系の部活動の世界では、先輩後輩という上下関係がきちんとしており、誰でも学習されるようです。
    面接選考などにて、内容のどこがダメだったのか、ということを案内してくれる懇切な会社はありえないため、応募者が自分で直すべきところを把握するのは、容易ではないと思います。
    続けている応募や情報収集を休憩することには、デメリットが想定されます。今は応募可能な会社も応募できなくなってしまう可能性も十分あるということです。
    実際に人気企業であり、本当に何千人という採用希望者がいるところでは、選考に使える人員の限界もあるので、第一段階では大学名で、お断りすることはどうしてもあるから注意。
    実際のところ就職活動をしていて、志望者側から応募希望の勤め先に電話をかけるということはわずかで、エントリーした会社の採用担当者がかけてくる電話を取ることの方が断然あるのです。

    アルバイト・派遣をしてきて培った「職歴」を持って、様々な会社に面接を何度も受けにでかけて下さい。帰するところ、就職も宿縁の一面があるため、面接を豊富に受けてみるだけです。
    売り言葉につい買い言葉ということで、「こんな会社いつでもやめてやる!」こんなセリフを吐いて、興奮して離職を決めてしまう人も見受けられますが、景気の悪いときに、非理性的な退職は誤りだと言えます。
    いわゆる職安では、バリエーションあふれる雇用や企業運営に関する社会制度などの情報があり、ついこの頃には、辛くも求職情報の扱い方も改良してきたように思っています。
    では、勤務したいのはどのような企業なのかと質問されたら、答えることができないが、今の勤め先への不満については、「自分の評価が適正とは言えない」と意識している人がとてもたくさん見られます。
    まれに大学卒業時から、急きょ外資系の企業を目論むという方もいますが、実際のところ大概は、日本企業で勤めて経験を積んでから、大体30歳前後で外資に転身という事例が多発しています。