特別養護老人ホーム魁聖園/魁聖園ヘルパーステーション学生介護アルバイト【高収入の介護士福祉施設求人】

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆ハローワークの求人も検索できます!


特別養護老人ホーム魁聖園/魁聖園ヘルパーステーションでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



特別養護老人ホーム魁聖園/魁聖園ヘルパーステーションの概要

郵便番号 〒010-0826
住所 秋田県秋田市新藤田字治郎沢52-6
電話番号 018-884-1071
施設形態 ヘルパー
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

特別養護老人ホーム魁聖園/魁聖園ヘルパーステーションの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



高収入の介護士福祉施設求人

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆ハローワークの求人も検索できます!


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



転職するときの心得

転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 給料が上がらないのでモチベーションが保てなかった
  • 職場の雰囲気が悪かった
  • 休日が少なすぎて体調を崩してしまった
  • 年収が低いのに耐えられなくなった

転職の理由が「経験を評価してくれる施設に転職したい」「正社員として採用して欲しい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」「車通勤OKの職場で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「高収入の介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●デイケアーの求人を探している。

●いじわるな上司がいて仕事への意欲が湧かない。

●家事代行スタッフとして働きたい。

●収入を今よりもアップさせたい!

●月20日程度の勤務の仕事がしたい。

●介護職員として働きたい。

●訪問介護の求人を探している。

●グループホームの求人を探している。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

という希望なら

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆ハローワークの求人も検索できます!

コチラがおすすめです!



精神保健福祉相談員の勤務先

精神保健福祉相談員 とは

【仕事の内容】
精神障がい者の社会復帰や社会参加の支援を行うお仕事

①就職活動の助言、職場生活のアドバイスなど各種助言や情報提供を行う
②各種支援事業に関する手続き、地域福祉の計画立案、地域にへの社会復帰プログラムや支援ネットワークの構築
③心神喪失などにより犯罪行為を行ってしまった精神疾患者の社会復帰プログラム作成など
※精神保健福祉相談員は保健所などで働く公務員であるため、公務員試験への合格も必要となるが、求人としては、医療機関、介護・福祉施設からのニーズも増えています。

【勤務場所】
医療機関、自立訓練事業所、ケアセンター、保健所、精神保健福祉センター など

【必要な資格】
精神保健福祉士(国家資格)




未経験だけど介護施設で働きたい!

未経験だけどこの職場で働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、未経験OKの介護職求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

未経験OKの介護職求人のプロに、あなたの転職・就職活動をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの職場が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、高待遇の転職も十分可能です!



介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




秋田県内の要支援・要介護者の状況

要支援・要介護者数の推移

要支援・要介護者数の増加【現状と課題】
● 平成12年に約33,000人だった要支援・要介護認定者数は、平成26年には約72,000人となっています。
第5期計画期間の平成24年から平成26年までの3年間では約6,600人増加し、平成12年当初と比較すると約39,000人の増加となり、約2.2倍の認定者数となっています。
● 平成18年4月に要介護区分が見直され、それまで「要介護1」とされていた区分が、「要支援2」と「新たな要介護1」に分けられました。

高齢者に占める要支援・要介護者

● 要支援・要介護の認定者数は、高齢化の進行や介護保険制度の普及・定着などから現在も増加を続けています。
● 比較的軽度な要支援1から要介護1までの方が、平成26年度では全体の約4割を占めています。

要支援・要介護者数の将来推計

● 要支援・要介護認定者となる割合の高い75歳以上の後期高齢者の増加が続いていくと推測されています。
● 要支援・要介護認定者もそれに伴い、今後3年間で約5,500人増加し、平成29年には79,509人となり、団塊の世代が75歳以上となる平成37年には、88,000人を超えることが見込まれます。



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

新卒以外の者は、「入社可能に思われて、仕事の経験もつめそうな会社」なら、とにもかくにも入社するのです。零細企業でも構わないのです。職務上の「実体験」と「キャリア」を積み上げることができればよい結果をもたらすでしょう。
「忘れずに筆記用具を携行するように。」と記されていれば、記述式の試験の可能性がありますし、最近よくあるのは「懇談会」と記載してあれば、グループに別れてのディスカッションが持たれる確率が高いです。
もう関係ないといった観点ではなく、骨折りして自分を受け入れて、内定の連絡まで受けられた企業に向かい合って、心ある対応姿勢を心に留めましょう。
正直に言うと就職活動中なら、自己分析(自分のキャリアの整理)をやっておくと有利と教えてもらい分析してみた。はっきり言って聞いた話とは違ってまったく役に立たなかったのである。
それぞれの会社によって、ビジネスの内容や自分の望む仕事も相違すると感じるため、面接の際に触れこむのは、その企業によって異なるというのが言うまでもないことです。

何かにつけ面接の時の進言として、「自らの言葉で話しなさい。」という表現方法を見受けることがあります。けれども、その人ならではの言葉で話すということの意味することが推察できないのです。
度々会社面接を受けながら、段々と見える範囲が広くなるので、どうしたいのかがなんだかわからなくなってしまうというような場合は、しょっちゅう多くの人に共通して思うことなのです。
一口に面接といっても、いろんな種類のものが見られます。今から個人面接と集団(複数の応募者が参加するもの)面接、合わせてこのところ増えているグループ討論などをメインに伝授しているので、きっとお役に立ちます。
同業者の中に「家族のコネのおかげでシステムエンジニアだったけれど、この業界に転職してきた。」という者がいるが、その人の意見としてはシステムエンジニアの業界のほうが比べられないくらい楽だとのこと。
外資系の会社で働く人は、少なくはない。外資系の会社と言うと、少し前なら中途採用の即戦力となる人材を採用する印象があったが、至近では、新卒の学生を採用することに野心的な外資系もめざましい。

転職といった、いわば秘密兵器を今まで何回も使ってきた経歴がある人は、自然と転職した回数も増えるのです。そんなわけで、一社の勤務が短いことがよくあるということです。
地獄を見た人間は、仕事する上でもうたれ強い。そのうたれ強さは、あなた達の武器になります。今後の仕事をする上で、相違なく役立つ日があるでしょう。
現在の仕事をやめるという覚悟はないのだけれど、うまく収入を多くしたいケースなら、収入に結びつく資格取得に挑戦するのも一つの作戦じゃないでしょうか。
辛い状況に陥っても大事なのは、自らを信じる気持ちなのです。疑いなく内定の連絡が貰えると信じ切って、あなただけの人生を生き生きと進みましょう。
結果的には、公共職業安定所の推薦で仕事就くのと、一般の人材紹介会社で就業するのと、共に両用していくのが適切かと思われます。