特別養護老人ホーム金寿園/訪問看護いずみ求人正社員【パート介護士福祉施設求人】

☆医療事務の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


特別養護老人ホーム金寿園/訪問看護いずみでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



特別養護老人ホーム金寿園/訪問看護いずみの概要

郵便番号 〒010-0916
住所 秋田県秋田市泉北4丁目7-13
電話番号 018-862-1577
施設形態 特別養護老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

特別養護老人ホーム金寿園/訪問看護いずみの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



パート介護士福祉施設求人

☆医療事務の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



高待遇の求人情報

介護施設転職情報の中でも条件のいい高待遇の求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。
カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報が入手できます!

介護福祉施設では特に人材不足で売り手市場が続いています。

例えば、

●介護施設の現場で働きたい。

●訪問介護の求人を探している。

●賞与が年2回ある介護施設を探している。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●ホームヘルパーの仕事がしたい。

●夏期休暇が有る施設に勤めたい。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

●デイサービスの求人を探している。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●駐車場完備で車通勤のできる施設に勤務したい。

●ケアマネージャーのキャリアを活かしたい。

●研修制度のしっかりした施設でスキルアップしたい。

●土日休みの施設に転職したい。

他にもあなたの希望があると思います。

条件にあった就職をお考えなら、求人情報の詳細を是非確認してみてくださいね。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 自分ばかり仕事を押し付けられていた
  • スキルアップできる職場ではなかった
  • 意地悪な先輩にいやがらせされていた
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた

転職の理由が「経験を評価してくれる施設に転職したい」「正社員として採用して欲しい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」「駅近で通勤しやすいところがいい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「パート介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●訪問入浴の仕事がしたい。

●介護施設で看護師として働きたい。

●特別養護老人ホームに就職したい。

●正社員の求人を探している。

●夜勤がない介護施設を探している。

●交通費全額支給の介護施設で働きたい。

●障害者施設に勤めたい。

●皆勤手当てがある職場を探している。

●定期健康診断がある施設で働きたい。

という希望なら

☆医療事務の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ホームヘルパーの募集

ホームヘルパー求人はどの都道府県を見ても絶えず募集はあります。

ですが、施設や事務所などにより給金はもちろんの事、働き方や仕事の内容は大分異なります。

例えば通常の介護施設であれば、(基本)早番、遅番、日勤、夜勤などのローテーションで働きますが、訪問登録ヘルパーの場合は毎週1日だけ。週3回1時間だけ。というような自分の都合に合わせて働く事が出来ます。
(小さい事務所だと仕事数が無くうまく自分の都合と合わない事もありますが、その場合は他の事務所にも登録しておくという手もあります。)

登録ヘルパーの良い点は小さいお子さんがいても(事務所にもよりますが)それを前提に働けるという所です。

お子さんの体調の変化や、行事などでなかなか休める仕事はありませんが、それでも良いので仕事をしてほしいという所もありますので、諦めず問い合わせてみましょう。

又、ホームヘルパー求人にて都道府県別に感じる事と言えば、まずお給料と募集数です。

どちらも都会であるほど多いのです。その点も視野に入れ納得のいく職場を探してみてはいかがでしょうか。




介護士・ヘルパーのパート求人情報

小さなお子さんがいたり、介護が必要な両親がいたり・・・。
介護のお仕事と家庭を両立したいけど、ハローワークには両立できるようないい求人があまりないですよね。
あなたにあった介護施設の求人を見つけて、子育てや家のことと両立できる介護施設の求人をご紹介します。

仕事探しの前に、まずやること・・・

心のもやもやを書き出して、すっきりしましょう。

まず、介護のお仕事探しをするまえに、もやもやしていること、ありませんか?

・そもそも仕事をした方がいいのか。進んでしたいのか、それとも仕方なくしないといけないのか。
・介護職と家庭の両立は可能か。
・家族と、労働時間の話し合いはできているか。
・面接の際に話す、「自分の希望・条件」は決まっているか。
・自分が何をやりたくて介護業界を選んだのか。
などなど。これらを明確にしてから就職やパート探しをするのと、しないままするのとでは結果が大きく変わってきます。
お仕事開始までのスピードも何倍も変わります。

当然、明確にした方がやる気も出てきますし、それを感じた面接官や採用者も前向きに受け入れてくれます。

以前の職場をやめた理由はなんでしょうか。

・子供が小さくて夜勤が難しかった。
・家事や家庭のことで時間調整が難しかった。
・パートばかりが重労働で不満があった。
・悪口をいうスタッフがいた。
・資格を活かせなかった。など、様々な理由があると思います。
労働時間や、内容的に、今はパートで働きたい。。
だけど、「パートばかりが重労働をさせられてると感じる・・・」という話も聞きます。

最大の不安 次の介護施設でも同じだったらどうしよう・・・。

また次の転職先も前と同じようなことで悩むことになったら嫌だな・・・。
そんな風に悩んでいませんか?

介護職のニュースや、以前の職場の経験から、「介護職ってこんなものよね」って、思ってしまいがちです。
でもそんなことはありませんよ。

もう一度、あなたにあった介護施設や働き方を探してみましょう。
介護施設といってもたくさんの種類があります。
介護職の資格や仕事内容も様々。

私はいったいどこでどんなことができるのか?
自分1人で考えていてもなかなか先に進めません。

では、どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?それも1つの方法だと思います。
ですが、それだけで決めてしまうのはちょっと待ってください。



介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




介護サービスの利用状況

介護サービス利用者数の推移
● 介護サービスの利用者数は毎年増加しており、平成12年と比較し約2.2倍となっています。
● 居宅サービスの利用者数は、平成12年度から26,335人、施設サービスは2,369人が増加しています。また、地域密着サービスは、創設された平成18年度から2,623人増加しています。
● 増加の要因としては、介護保険制度が県民の間に浸透し、サービス利用への抵抗感が少なくなったことや、短期入所サービスなどのサービス提供体制の整備が進んでいることが要因と考えられます。



居宅サービス・地域密着型サービスの利用状況

訪問系

●訪問介護の利用は、計画を10%ほど上回り増加傾向にあります。
●訪問入浴介護については、短期入所事業や通所介護の利用の増加に伴い利用者が減少したものと思われます。

通所系

● 通所介護・通所リハビリテーションの利用は計画に近い実績となっています。

入所系

● 短期入所生活介護・短期入所療養介護の利用は、計画を20%上回りました。
● 短期入所サービスの整備が進んだことなどを背景に、介護者が一時的に休息をとるための利用や、入所施設の待機者が入所が決定するまでの間の利用が増えたことなどが、増加した要因として考えられます。

福祉用具

● 福祉用具貸与・特定福祉用具販売は、ほぼ計画どおりの利用実績となっています。
また、介護予防福祉用具貸与は計画を上回っています。

居宅介護支援

● 居宅介護支援、介護予防支援の利用者は、ほぼ計画どおりに推移しています。

地域密着型サービス

● 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、平成24年度、25年度の実績はありませんが、平成26年度に3箇所開設されています。
● 夜間対応型訪問介護は、現在、県内には事業所がありません。夜間の訪問介護が必要な方へは、24時間対応の訪問介護事業所が対応しているものと考えられます。
● 小規模多機能型居宅介護は計画を上回る実績となっています。
● 認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護は、計画を若干下回り推移しています。
● 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)は2箇所開設されていますが、計画には達していません。

施設サービスの指定状況

● 介護保険施設については、広域的な観点に留意し、圏域別の需要動向を勘案しながら、計画的な整備を促進しました。
また、居宅サービスや地域との連携を図りながら、専門的な介護機能を活かし、地域の保健福祉サービスの拠点施設として利用されています。


就職・転職コラム

通常、会社とは働いている人間に向けて、どんなに好ましい条件で労働してくれるのかと、早期の内に企業の直接の利益貢献に連なる能力を、発効してくれるかのみを望んでいると言えます。
内々定については、新規学卒者に関する採用や選考に関する企業や団体の倫理憲章に、正式に内定する日は、10月1日以降にするべしと約束されているので、やむを得ず内々定というかたちをとっているものである。
売り言葉につい買い言葉ということで、「こんなところ誰が来るか!」みたいな感じで、短絡的に退職することになる人がいるのだが、これほど世間が不景気のなかで、我慢できずに退職することは自重しなければなりません。
会社を経験していく程に、おいおい視野が広くなってくるため、中心線が曖昧になってしまうという例は、広く数多くの方が迷う所です。
資格だけではなく実務経験をそれなりに積んでいるということなら、いわゆる人材紹介会社でも利用してもよいと考えられる。新卒者を募集するのではなく、人材紹介会社によって人を探している働き口は、まずまちがいなく即戦力を雇い入れたいのです。

ここ数年は就職内定率がとうとう過去最悪ということのようですが、そうした中でも採用内定を実現させているという人がいる。それでは内定してもらえる人ともらえない人の違うところは何なのでしょうか。
人材紹介業者とか派遣会社なんかは、企業に紹介した人があっさり会社を辞めるなど失敗してしまうと、成績が下がりますから、企業のメリットもデメリットもどちらも隠さずに説明するのだ。
今の会社を離れるという気持ちはないけれど、何とかして今よりも月々の収入を多くしたいケースでは、とにかく資格を取得してみるのも一つの作戦と考えられます。
もっとキャリア・アップさせたい。今の自分よりも前進できる就業場所で働いてみたい、という意見をしょっちゅう耳にします。今の自分は成長していないと気づくと転職しなければと思い始める人がたくさんいます。
もちろん就職活動は、面接選考を受けるのもエントリーした自分です。それに試験を受けるのも応募したあなたに違いありません。だとしても、相談したければ、公共の機関の人に意見を求めるのもいいことがある。

通常、企業は、あなたに収益全体を戻してあげてはいないのです。給与と突き合わせて現実的な労働(必要労働時間)は、精いっぱい具体的な労働の半分かそれ以下ということが多い。
就職活動のなかで最後となる試練にあたる面接による試験について簡単に詳しくお話しいたします。面接⇒あなた自身と応募した先の担当者による対面式の選考試験のこと。
そこにいる面接官が自分自身の言葉を把握しているのかを眺めながら、つながりのある「トーク」が可能になれば、採用の可能性も見えてくるのではありませんか。
初めに会社説明会から出席して、学科試験や面談と運んでいきますが、これ以外にも志望企業でのインターンシップやOB、OG訪問、採用担当者との面接による等の取り組みもあります。
現実的には、日本の素晴らしい技術のほとんどのものが、大企業ではなく、中小企業の小さな町工場で誕生しているのだ。賃金面とか福利厚生についても高待遇であるなど、景気のいい会社だってあります。