株式会社秋田介護支援センターひまわりの家介護アルバイト学生【正社員介護士福祉施設求人】

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。


株式会社秋田介護支援センターひまわりの家では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



株式会社秋田介護支援センターひまわりの家の概要

郵便番号 〒010-0058
住所 秋田県秋田市下北手桜字新桜谷地85
電話番号 018-887-5221
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

株式会社秋田介護支援センターひまわりの家の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



正社員介護士福祉施設求人

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



転職支援サービスを使えば理想の転職が現実に!

    ◆介護のお仕事は慢性的な人手不足で、売り手市場です!
    ◆以下にあてはまるなら、転職支援サービスを利用してみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 研修制度の充実した施設に転職したい。
  • 介護士としてもっとキャリアアップしたい。
  • 資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。
  • 将来も長く働ける安定した会社に転職したい。
  • 夜勤手当など手当の充実した会社に転職したい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。
  • 自宅に近いエリアで働きたい。
  • 託児所つきの職場で安心して働きたい。
  • 新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。
  • これまでの経験を介護の仕事に活かしたい。
  • ・・・などなど。

    【対象】・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)・老健(介護老人保健施設)・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス) など

    ※介護職・ヘルパー、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、管理職、機能訓練指導員、看護師、送迎ドライバー、介護事務、医療事務、管理栄養士、家事代行スタッフなどの職種の求人募集があります。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 年収が低いのに耐えられなくなった
  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 忙しすぎて精神的にきつくなってきた

転職の理由が「昇給のある会社に転職したい」「紹介予定派遣で働きたい」「経験を活かせる施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「正社員介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●デイケアーの求人を探している。

●予防接種がある施設で働きたい。

●社内キャリアアップ制度がある施設で働きたい。

●収入を今よりもアップさせたい!

●定年後再雇用制度があるところを探している。

●管理栄養士の仕事を施設でしたい。

●ホームヘルパーの仕事がしたい。

●生活相談員の仕事を探している。

●介護職の仕事がしたい。

●特別養護老人ホームに就職したい。

という希望なら

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



高齢化社会に伴う介護施設の重要性

高齢化社会に伴う介護施設の重要性が高まる中、あなたのお住いの近くでも介護施設の増設を進めています。

夫婦共働きが増える現代社会において、介護問題は深刻な問題になっています。

女性の社会進出が進められている背景もあり、新しく建てられる介護施設が多くみられています。

それに伴い介護施設では、介護士求人に力をいれています。

いまやハローワークなどでも介護士求人は多く見られています。

その背景には施設の急激な増加に介護士が不足しているという側面があります。

いま、社会復帰や仕事を探している人には介護士求人がおすすめです。

資格の取得も職場で支援しているところも多くありますし、新しい施設が多いということは、その職場を1からつくることに参加できます。

これはなかなか普通の仕事ではできないことですし、働きながら学ぶことができる介護の特徴とも言えると思います。

男性だけでなく女性にも行うことができる仕事なので、今後介護士求人には注目です。




未経験OKの介護職求人情報

介護のお仕事が未経験や初心者であっても介護施設で働きたいのであれば、今も高待遇の求人情報が届いています。

しかし、あなたの希望どおりの就職や転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

ケアマネージャー・ホームヘルパー・介護士等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。
ましてや、未経験・初心者で就職を希望する場合には、しっかりとした情報収集と戦略が必要になってきます。

あなたが転職したい介護関連企業や周辺情報に精通した専門家に相談して、この転職・就職を成功させるまで完全無料でサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職・就職が成功するように必要なアドバイスもしてくれて、あなたが夢を叶えるまで責任を持ってサポートしてくれます。

よりよい職場に就職するために、専門家のアドバイスを受けてみませんか?




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




秋田県内の要支援・要介護者の状況

要支援・要介護者数の推移

要支援・要介護者数の増加【現状と課題】
● 平成12年に約33,000人だった要支援・要介護認定者数は、平成26年には約72,000人となっています。
第5期計画期間の平成24年から平成26年までの3年間では約6,600人増加し、平成12年当初と比較すると約39,000人の増加となり、約2.2倍の認定者数となっています。
● 平成18年4月に要介護区分が見直され、それまで「要介護1」とされていた区分が、「要支援2」と「新たな要介護1」に分けられました。

高齢者に占める要支援・要介護者

● 要支援・要介護の認定者数は、高齢化の進行や介護保険制度の普及・定着などから現在も増加を続けています。
● 比較的軽度な要支援1から要介護1までの方が、平成26年度では全体の約4割を占めています。

要支援・要介護者数の将来推計

● 要支援・要介護認定者となる割合の高い75歳以上の後期高齢者の増加が続いていくと推測されています。
● 要支援・要介護認定者もそれに伴い、今後3年間で約5,500人増加し、平成29年には79,509人となり、団塊の世代が75歳以上となる平成37年には、88,000人を超えることが見込まれます。



各種施策を総合的にスピード感をもって進め、地域包括ケアシステムの早期実現を図る

● 本県の高齢化率は全国一である状況が続いており、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、今後も本県の高齢化率は増加し続け、平成42年には全国で本県のみが40%を越え、41.0%にまで達するとしています。
● 高齢化率の増加に伴って、介護を必要とする人や認知症の人も増加すると見込まれます。
● 平成24年4月施行の改正介護保険法において、様々な専門分野が連携し、介護が必要な人や高齢者などを、地域で包括的に支援していく『地域包括ケアシステムの構築』が提唱されました。
これは、日常生活に必要な医療、介護、介護予防、住まい、生活支援のサービスを利用者のニーズに合わせて、一体的に切れ目のない支援をしていくものです。
● 国では、平成37年を目処に地域包括ケアシステムの実現を目指していますが、高齢化率が全国一である本県においては、各種施策を総合的にスピード感を持って進め、高齢者等が住み慣れた地域で暮らすことができるようにするため、地域包括ケアシステムの早期実現を図る必要があります。

訪問系サービス

● 一人暮らしの高齢者や高齢者のみで構成される世帯が増加する一方、共働きも増加し、日中に自宅で独りとなる要支援・要介護高齢者の増加などにより、訪問系サービスの需要は増加し、それに応じて事業所数も増加しています。
● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。
● なお、介護予防訪問介護は、平成30年4月1日までに地域支援事業に移行します。

通所系サービス

● 一人暮らしの高齢者や高齢者のみで構成される世帯が増加する一方、共働きも増加し、日中に自宅で独りとなる要支援・要介護高齢者の増加などにより、通所系サービスの需要は増加し、それに応じて事業所数も増加しています。
● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。
● なお、小規模な通所介護事業所は、平成28年度に地域密着型サービスに、介護予防通所介護は、平成30年4月1日までに地域支援事業に移行します。

入所系サービス

● 短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護は、近年、施設の整備が進み増加しており、サービス供給量も伸びています。
今後も利用者数、事業所数共に増加が見込まれます。
● 整備に当たっては市町村との連携をこれまで以上に密にします。
● 特定施設入居者生活介護については、県の老人福祉圏域ごとの整備計画と市町村の整備計画の整合性に留意し、県と市町村が連携して指定をします。

福祉用具サービス及び住宅改修

● 福祉用具貸与及び特定福祉用具販売を効果的な生活支援とするためには、介護支援専門員の関わりが重要です。
● 住宅改修では、手すりの設置や段差の解消の工事等にサービス利用の増加が見込まれます。
● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。

居宅介護支援・介護予防支援

● 要支援・要介護認定者数の増加に伴い、サービス利用の増加が見込まれます。
● 利用者数の増加に対応できるよう、介護支援専門員数の確保とともに、各種の研修による資質向上を図ります。

地域密着型サービスの供給見込量

● 一人暮らしの高齢者や認知症高齢者の増加等が見込まれることから、要介護状態になっても、できる限り住み慣れた家庭や地域で生活が継続できるよう、地域密着型サービスの基盤を拡充することが必要です。
● 特に、定期巡回・随時対応型訪問介護看護や、看護小規模多機能型居宅介護の導入に向け、情報提供を行うなど、市町村の事業所整備を支援します。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

夜間対応型訪問介護

● 一人暮らしや夫婦だけの高齢者世帯に対する24時間の安心感を提供できるサービスとして、今後、利用が増加するものと見込まれます。
● 平成26年度までは利用が無い状況ですが、今後、都市部を中心としてサービス提供体制の整備を支援します。

認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護

● 認知症高齢者ができる限り、なじみの事業所において、家庭的な環境のもとでサービス提供されることから、このサービスに対する利用は今後も増加するものと見込まれます。
● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

● 認知症の特性に配慮したサービスとして創設され、これからの高齢者介護の主要なサービスのひとつとして必要性が増しています。
● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

地域密着型特定施設入居者生活介護

● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

看護小規模多機能型居宅介護

● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

地域密着型通所介護

● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。
● 併せて、平成28年度に、既存の小規模な通所介護事業所が円滑に地域密着型通所介護事業に移行できるよう、市町村等への支援を行います。


就職・転職コラム

企業説明会から関わって、筆記での試験やたび重なる面接とコマを進めていきますが、または実際の仕事を垣間見る、インターンシップやOB、OG訪問、採用担当者と面接するといった活動方法もあります。
今の瞬間は、要望する企業ではないというかもしれませんが、求人を募っているこれ以外の会社と比べてみて、多少なりとも良い点だと思う部分は、どんな点かを追及してみて下さい。
今のところ就職内定率が最も低い率ということのようですが、それなのに応募先からのよい返事を手にしているという人が間違いなくいる。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の違うところはどこにあるのでしょう?
要するに就職活動の際に、ほしいと思っている情報は、その会社のイメージまたは自分の興味に合うかなど、自分がやるべき仕事の詳細とは異なり、応募する企業そのものを品定めしたいがための実情だ。
それなら勤めてみたい会社はどんな会社?と問いかけられても、どうも答えがでてこないが、今の勤務先に対して感じている不満を聞いてみると、「自分に対する評価が正しくない」と発する方がわんさと存在しています。

上司の命じたことに従えないからすぐに仕事を変わる。要するに、こんな思考回路を持つ人に向き合って、採用の担当は疑いの心を感じるのです。
圧迫面接というイヤな面接手法で、いじわるな問いかけをされたような場合に、知らず知らず立腹する方もいるでしょう。そうなる気持ちは理解できるのですが、率直な感情を見せないようにするのは、社会における常識といえます。
面接の際、100%転職理由について尋ねられます。「どんな事由で退職したのか?」に関しましては、どんな会社も最も重要視するポイントです。ということから、転職理由を準備しておくことが不可欠です。
基本的には就活をしていて、志望者側から応募希望の勤め先に電話をかける機会はあまりなくて、エントリーした会社のほうからの電話連絡をもらう場面の方が多いでしょう。
その会社が確実に正社員に登用するつもりがある企業なのか否か見定めたうえで、登用の可能性を感じたら、最初はアルバイトやパートもしくは派遣などとして働きつつ、正社員になることを目指していただきたい。

内々定と言われているものは、新卒者に対する選考等に関わる企業間の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのは、10月1日以降であるというふうに決められているので、やむを得ず内々定という形式にしているのです。
外資系の会社で働く人は、決して珍しくはない。外資系の会社と言えば、以前は中途入社の直ちに戦力となる人を採用する感じだったけれども、この頃では、新卒の社員の入社に活発な外資も増えてきている。
せっかく就職しても採用になった会社のことを「想像していた職場ではなかった」や、「こんな会社にいたくない」そんなことまで思っちゃう人は、売るほどいるのだ。
必要不可欠な考え方として、就労先を選ぶ場合は、絶対にあなたの欲望に忠実になって選択することであり、あせったからといって「自分のほうを応募先に合わせなければ」などということを思ってはダメである。
現時点でさかんに就職活動や転業の為の活動をしているような、20~30代の年代の親からしたら、まじめな公務員や評判の高い大手企業に就職可能ならば、理想的だと考えるものなのです。