有限会社ライフイン国見ノ里/グループホーム国見ノ里介護部長求人【パート介護士福祉施設求人】

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


有限会社ライフイン国見ノ里/グループホーム国見ノ里では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



有限会社ライフイン国見ノ里/グループホーム国見ノ里の概要

郵便番号 〒010-1653
住所 秋田県秋田市豊岩小山字前田表158-3
電話番号 018-828-9811
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

有限会社ライフイン国見ノ里/グループホーム国見ノ里の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



パート介護士福祉施設求人

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



転職するときの心得

転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 家族に反対されるほど重労働だった
  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 年収が低いのに耐えられなくなった
  • 給料が安くて将来が不安になった

転職の理由が「自宅近くの施設で働きたい」「ボーナスが出る施設で働きたい」「昇給のある会社に転職したい」「紹介予定派遣で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「パート介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●人材派遣として介護の仕事がしたい。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

●食事補助が有る施設に勤めたい。

●扶養手当がある施設で働きたい。

●デイサービスの求人を探している。

●育児休暇ある施設で働きたい。

●包括支援センターに就職したい。

●介護事務の仕事を探している。

●グループホームの求人を探している。

●無資格だけど介護の仕事を探している。

という希望なら

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



機能訓練指導員の勤務先

機能訓練指導員 とは

【仕事の内容】
生活機能向上プログラムの指導のお仕事

①日常生活で必要な身体機能の維持改善のための個別訓練計画の作成
②機能訓練の実施
③介護職員への指導(日常動作におけるリハ的行動)
④モニタリング など

【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など

【必要な資格】
看護師(国家資格)・准看護師(知事資格)・作業療法士(国家資格)・理学療法士(国家資格)・ 言語聴覚士(国家資格)・ 柔道整復師(国家資格)・あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
※類似資格の中で鍼灸師は要項を満たしません




パート求人に強い、おすすめサポート

「初めてで、正直ちょっと不安・・・」という方へ

介護職専門の求人サイトでは、全国の病院や介護施設の採用担当者と継続的かつ、密に情報交換をしています。 また、ただ情報を蓄えるだけでなく、定期的に現場に足を運び、そこで実際に働いている介護職員さんから生の現場の情報を集めています。

そのため、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができます。
だからこそ、後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

ただ求人を紹介するだけでなく、転職のプロとして、面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれます。

今すぐに転職をしたい訳ではない・・という方も登録だけでも大丈夫です。まずは情報収集だけでもどうぞ。

紹介した求人に実際に応募するか否かは求職者さまのご判断となります。 そのため、必ず応募しなければいけないということはありませんのでご安心下さい。

「面接が苦手なので面接対策などをしてほしい・・」という方へ
面接が決まりましたら、「転職成功の秘訣」レポートを皆さんに贈呈しております。また、専任コンサルタントとの面談では、面接対策についてのご相談も承っています。遠方で、面談が難しい求職者さまには、お電話によるサポートも行っておりますので、面接対策はメドフィットへお任せ下さい。
転職サポートのお申込みから、転職成功まで一切料金はかかりません。

ハローワークの求人4万件 と 介護ジョブ限定求人2万件をまとめて探せます!
雇用形態(正社員・パート) × 資格 × 住んでいる地域 など、細かく検索できて、希望条件に合う求人情報が検索しやすい!

求人情報は、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しています。
転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に検討出来ます。




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




介護サービスの利用状況

介護サービス利用者数の推移
● 介護サービスの利用者数は毎年増加しており、平成12年と比較し約2.2倍となっています。
● 居宅サービスの利用者数は、平成12年度から26,335人、施設サービスは2,369人が増加しています。また、地域密着サービスは、創設された平成18年度から2,623人増加しています。
● 増加の要因としては、介護保険制度が県民の間に浸透し、サービス利用への抵抗感が少なくなったことや、短期入所サービスなどのサービス提供体制の整備が進んでいることが要因と考えられます。



居宅サービス・地域密着型サービスの利用状況

訪問系

●訪問介護の利用は、計画を10%ほど上回り増加傾向にあります。
●訪問入浴介護については、短期入所事業や通所介護の利用の増加に伴い利用者が減少したものと思われます。

通所系

● 通所介護・通所リハビリテーションの利用は計画に近い実績となっています。

入所系

● 短期入所生活介護・短期入所療養介護の利用は、計画を20%上回りました。
● 短期入所サービスの整備が進んだことなどを背景に、介護者が一時的に休息をとるための利用や、入所施設の待機者が入所が決定するまでの間の利用が増えたことなどが、増加した要因として考えられます。

福祉用具

● 福祉用具貸与・特定福祉用具販売は、ほぼ計画どおりの利用実績となっています。
また、介護予防福祉用具貸与は計画を上回っています。

居宅介護支援

● 居宅介護支援、介護予防支援の利用者は、ほぼ計画どおりに推移しています。

地域密着型サービス

● 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、平成24年度、25年度の実績はありませんが、平成26年度に3箇所開設されています。
● 夜間対応型訪問介護は、現在、県内には事業所がありません。夜間の訪問介護が必要な方へは、24時間対応の訪問介護事業所が対応しているものと考えられます。
● 小規模多機能型居宅介護は計画を上回る実績となっています。
● 認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護は、計画を若干下回り推移しています。
● 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)は2箇所開設されていますが、計画には達していません。

施設サービスの指定状況

● 介護保険施設については、広域的な観点に留意し、圏域別の需要動向を勘案しながら、計画的な整備を促進しました。
また、居宅サービスや地域との連携を図りながら、専門的な介護機能を活かし、地域の保健福祉サービスの拠点施設として利用されています。


就職・転職コラム

さしあたって、要望する企業ではないという事かもしれませんが、要求人の別の企業と比較して、ほんのちょっとでも長所に思われる所は、どの辺なのかを検討してみましょう。
即時に、中途採用の人間を入社させたいと予定している企業は、内定が決定してから返事を待つ日時を、ほんの一週間程に制約を設けているのが一般的です。
面接と言うのは、希望者がどういった特性の人なのかを見極める場というわけですから、練習したとおりに話すことが必須なのではなく、飾らずに表現することが大切なのです。
結論から言うと、人気のハローワークの職業紹介で仕事就くのと、よくある人材紹介会社で仕事就くのと、両者を兼ね合いをみながら進めるのがよいと感じられます。
就職先を選ぶ視点というものは主に2つあり、片方はその企業の何に関心を持ったのか、2つ目は、あなたがどんな仕事をして、どんな実りを手中にしたいと考えているかです。

会社というものは、働いている人間に全ての収益を戻してはいません。給与に比較した現実的な仕事(必要とされる仕事)は、せいぜい働いた事の半分かそれ以下がいいところだ。
人材紹介を生業とする業者とか派遣会社なんかは、企業に就職した人が予定していない期間で退職してしまうなどの失敗があれば、労働市場での評判が下がる。だから企業のメリットもデメリットもどちらも正直に知ることができる。
上司の命じたことに従いたくないのですぐに退職。言いかえれば、ご覧のような短絡的な思考回路を持つ人に対抗して、採用する場合には疑心を持っています。
「書く道具を持参のこと」と記載されていれば、記述式の試験の恐れがありますし、いわゆる「懇談会」と記述があるなら、集団討論が予定される確率があります。
ここ数年は就職内定率がいよいよ過去最悪ということのようですが、そうした中でも粘って採用の返事を掴み取っている人がいるのです。じゃあ採用してもらえる人と採用されない人の致命的な違いはどこにあるのでしょう?

何度も面接を経験を積むうちに、確かに見える範囲が広くなるので、主眼がぼやけてしまうというケースは、しきりに諸君が考察することです。
色々な企業により、仕事の実情や望む仕事自体も相違すると想像できますが、面接の機会に披露する内容は、それぞれの会社によって異なってくるのが言うまでもありません。
しばらくの間就職のための活動を途切れさせることには、問題が存在します。今現在は応募可能な会社も求人が終了する場合だってあると想定できるということです。
勤務したい企業は?と質問されたら、上手く伝えることができないが、今の勤め先に対する不満となると、「自分の評価が低すぎる」と発する方がとてもたくさんおります。
「自分が養ってきた能力をこういった会社でなら活用することができる(会社に役立てる)」、それによってそういった業務を望んでいるといった動機も、妥当な重要な動機です。