御所野ひかりクリニックホームヘルパーパート求人【高収入の介護士福祉施設求人】

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。


御所野ひかりクリニックでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



御所野ひかりクリニックの概要

郵便番号 〒010-1423
住所 秋田県秋田市仁井田字横山260-1
電話番号 018-829-8880
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

御所野ひかりクリニックの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



高収入の介護士福祉施設求人

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



転職支援サービスの賢い利用法

    「転職したいのに、踏み切れない」「何となくうまくいかない・・・」

    そんな時は、迷わず転職のプロである「転職支援サービス」に登録して、思い通りの条件で転職しましよう!

    「転職のプロ」の力を借りながら転職活動をしていくことで、あなたひとりで頑張るよりも、あなたにピッタリの転職がスムーズに決められると思いますよ。

    ◆転職支援サービスを使うとこんなメリットがあります!

  • あなたにピッタリの職場や働き方のアドバイスがもらえる!
  • 個人では見つけられない非公開求人情報を紹介してもらえる!
  • 好条件・高待遇の求人情報をいち早く紹介してもらえる!
  • 「転職のプロ」があなたの転職活動を強力にバックアップしてもらえる!
  • その施設の特徴など個別事情の情報も教えてもらえる!
  • 採用試験や面接対策もバッチリアドバイスしてもらえる!
  • 仕事をしながら効率的に転職活動ができる!
  • 最短3日で転職できるくらい転職活動がスピーディー!
  • 完全無料なので安心安全!
  • 転職サービスの賢い利用法のコツは、最低でも2社の転職支援サービスに登録しておくことです。
    条件のいい非公開求人は1社の転職サービスが独占していることもあるからです。

    転職支援サービスを使って、希望どおりの転職を実現しましょう!



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 先輩の給料を知って将来が不安になった
  • 職場の人間関係が面倒くさかった
  • 休みが取りづらく家族に迷惑をかけていた

転職の理由が「手当のしっかりした会社に転職したい」「土日休みの施設で働きたい」「親の介護があるので日勤のみが希望」「契約社員として働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「高収入の介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●在宅しか経験がないけど施設で働きたい!

●退職金制度がある施設で働きたい。

●社会保険完備の介護施設に勤めたい。

●正社員の求人を探している。

●病院・診療所で介護がしたい。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

●ケアマネージャーの資格を活かしたい。

●中高年でも出来る介護の仕事がしたい。

●年末年始手当てが出る介護施設で仕事がしたい。

●収入を今よりもアップさせたい!

という希望なら

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

コチラがおすすめです!



ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、正式名称を介護支援専門員と言い、都道府県が行う介護支援専門員試験に合格した者のことを言います。

介護支援専門委員の受験資格は、医療系の国家試験を持ち、実務経験を5年以上有する者に与えられます。

または、ヘルパー2級などの資格を持ち、5年以上介護関係の実務に従事した者、あるいは、介護の実務を10年以上行った者に与えられるものです。

いずれも毎年10月に都道府県が実施する試験を受け、合格した者のみが介護支援専門員となります。

この資格を取得しますと、ケアマネージャーの求人に応募することができ、ケアマネージャーの求人によって採用されると、仕事の開始となります。

主な仕事先は、グループハウス、老人福祉施設、介護施設などです。

仕事内容は、介護を必要とする人のために、ケアプランを作ることです。

介護を必要とする人はヘルパーの支援やマッサージ、理学療法などを受けることができます。

受けることのできる支援を上手に組み合わせたプランを作ることが仕事です。




介護職に派遣で働いています!

介護職派遣求人を探している方の多くが、育児・子育てや親の介護などを理由にフルタイムで働けない状況にあります。
中には、ご自分の資格取得やキャリアアップのための時間を捻出するために、一定期間は働く時間をセーブしたいというケースもあります。
それでも「働きたい」「稼ぎたい」という気持ちが強いからこそ、「派遣」という形で働くことを選択されています。

介護の現場で「派遣」として働いている先輩たちの生の声・体験談をご紹介します。

介護職の派遣で働いています!◆子供中心の生活を守りながら、進学費用にも備えたかったんです
中学生の息子が二人います。今後、二人が進学していくことを考えるとお金は貯めたい。でも、部活に受験にと、毎日、子供たちのことに追われる日々で、社員として働くのは無理・・・。
そこで介護専門の転職サービスに相談したのですが、出産前に働いていたキャリアを認めてくれて、いくつかの施設を好条件で紹介してくれました。
今、お仕事しているのはデイサービスなので、夜勤もなく、シフト制で土日にも休みが取れます。
こんなに融通が聞くのに、給与がしっかり常勤並みにもらえるので、お金の不安が解消されて、本当によかったです。
子供の塾の費用や受験にかかる費用も順調に貯金できるようになり、「派遣」を選択して本当によかったです。

◆介護との両立には、派遣の日勤がすごく便利でした!
最近、父の介護が必要になりました。姉も協力してくれますが、姉はお店をやっているのと、3人の子育てであまり関われません。私も収入が必要なので働かないわけにはいかず、介護専門の派遣を紹介してくれるところに登録してみました。
担当者さんがすごく親身になって私の話を聞いてくれて、派遣を決めるときにも心強かったです。
担当者さんとよく話し合い、週4日の日勤のみの有料老人ホームを紹介してもらいました。派遣契約でしっかり帰れるので安心です。元気な高齢者の方が多く、今は仕事が介護の気分転換になっています。

◆初めての業種だから自分に合う施設形態を探せてよかったです。
ずっと勤めていた会社を退職。これからは介護だと思い、ヘルパーの資格を習得しました。でも、いざ働くとなると、色々な施設形態があり、“自分には何が合うのか”がわかりませんでした。
派遣という働き方は、さまざまな職場にトライできるのがいいところ。個人での転職活動は情報収集したり条件交渉したりと何かと面倒だと思いますが、介護専門の転職サービスに紹介してもらうので、仕事探しがすごくスムーズにできました。
いろんなタイプの施設で経験を積み、今は特養に絞りました。同じ特養でも施設によって雰囲気がかなり違うのが面白くて、今は派遣で色んな職場で働いていきたいと思っています。




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




秋田県介護計画策定の趣旨

●秋田県では、平成22年の国勢調査において、高齢化率が全国一となる29.6%となりました。
平成26年10月1日現在の高齢化率は32.6%と、全国平均の26.0%を6.6ポイント上回っており、依然として全国一の高齢化率となっています。
(高齢化率は秋田県年齢別人口流動調査及び総務省統計局公表の人口推計データ)
また、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、平成42年には全国で秋田県だけが40%を越えて、41.0%にまで達していると推計しています。
●秋田県では、平成12年3月に「秋田県介護保険事業支援計画・第2次老人保健福祉計画」を策定し、その後、3年ごとに同計画を策定しており、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「第5期介護保険事業支援計画・第6期老人福祉計画」では、新たに地域包括ケアシステムの実現のための取組をスタートし、医療・介護・福祉連携促進協議会の開催や、セミナーの開催などを行ってきました。
● 平成27年度から平成29年度までを計画期間とする「第6期介護保険事業支援計画・第7期老人福祉計画」については、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる平成37年を見据えた中長期的な視野に立った施策の展開を図るとともに、高齢化率全国一の秋田県として、地域包括ケアシステムの実現に必要な取組をより一層発展させていく施策を進める計画とします。



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

圧迫面接という高圧的な面接で、いじわるな質疑をされたような際に、うっかり気分を害する人がいます。そうなる気持ちは理解できるのですが、激しい感情を見せないようにするのは、社交上の基本といえます。
様々な誘因があり、仕事をかわりたい希望している人が予想以上に増えているのだ。だけど、転職すると決めたはいいけれど、希望通り転職してからの人生が計画と異なる場合も少なくないというのが実情である。
目下、就職活動中の会社そのものが、本来の希望している会社ではなかったために、志望の理由というものが見つけられないという葛藤を持つ人が、この時節には増えてきています。
内々定と言われているものは、新卒者に関する選考等での企業と企業の倫理憲章(取り決め)に、正式な内定を連絡するのは、たとえ早くても、10月1日以降であると決められているので、仕方なく内々定という形式をとっているものなのだ。
会社を経験するうちに、少しずつ見通しもよくなってくるので、基準が不明になってしまうというような例は、度々学生たちが感じることです。

例えて言うなら事務とは無関係な運送業などの面接において、難関の簿記の1級の資格を持っていることをアピールしても全然評価されないのであるが、事務の人のときだったら、高いパフォーマンスがある人材として評価されるのです。
就職面接の場で、緊張せずに終了させるというためには、よっぽどの練習が必須なのです。ところが、実際に面接の場数をそれほど踏んでいないときには誰でも緊張するものです。
現実的には、日本の優れた技術の大多数が、大企業ではなく、いわゆる中小企業の町工場で創生されているわけで、賃金面も福利厚生も充実しているとか、羨ましい企業だってあるのだ。
第一志望の企業からの連絡でないという理由で、内々定に関する意思確認で困る必要はない。就活がすべて終了してから、上手く内々定となった企業の中で選定するようにしてください。
どうしてもこれをやりたいというはっきりしたものもないし、あんな仕事もこんな仕事もと考えるあまり、結局のところ一体自分が何をしたいのか面接で、アピールできない場合がある。

当然、企業の人事担当者は、真の才能を試験や面接で読み取って、「自社にとって必要で、活躍できそうな人物かどうか」注意して選び抜こうとしているのだ。そのように思うのである。
全体的に会社そのものは、途中採用した社員の教育のためにかける歳月や経費は、出来るだけ抑えたいと考えているので、自主的に成功することが望まれています。
「自らが好きな事ならどれだけ苦労してもしのぐことができる」とか、「自らを高めるために積極的に過酷な仕事を選び出す」というような場合は、割とよくあるものです。
この先の将来も、発達していきそうな業界に勤めるためには、その業界が現実的に上昇している業界なのか、急速な上昇に対応したビジネスが成り立つのかどうかを確かめることが大事なのです。
やっぱり就活の最中に、知りたいと思っている情報は、応募先の風土とか社内のムードなど、任される仕事の詳細などよりは、会社自体を品定めしたいがためのものということだ。