グループホームソフトハンド福祉医療仕事求人【高収入の介護士福祉施設求人】

☆准看護師取得者の求人多数。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。


グループホームソフトハンドでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



グループホームソフトハンドの概要

郵便番号 〒010-1605
住所 秋田県秋田市新屋勝平町10-30
電話番号 018-863-7322
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

グループホームソフトハンドの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



高収入の介護士福祉施設求人

☆准看護師取得者の求人多数。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護職へ転職・就職を考えたら

介護職へ転職・就職しようとお考えのあなた・・
保有資格を最大限にいかせる介護施設はどこでしょう

◇ヘルパー
◇ケアマネジャー
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇介護事務
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
◇資格を保有していない

無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護の資格をお持ちの方は、その資格を最大限に活かせる介護施設で働きたいですよね。

その希望を満たす求人情報を提供してくれるのは、転職支援サイトです。

介護業界の転職を専門としたエージェントに、資格や経験、あるいは、資格がないこと・未経験であることを詳しく話すことで、あたなにぴったりの求人情報を提供してくもらうことができます。

希望する働き方は?

◇正社員
◇契約社員
◇派遣
◇パート・アルバイト
◇どうしようか迷っている

安心してください。迷っていることを気軽に相談してください。

☆今までは正社員だったけど、子供がまだ小さいうちはパート・アルバイトで働きたい。
☆今は派遣で働いているけど、正社員で採用してくれる介護施設を探している
☆自分のベストな働き方が分からない。どんな働き方ができるのか、教えてほしい。

転職や就職を後悔したくないので、悩んでしまいますよね。

そんな時は、介護業界の転職に詳しい専門家に相談するのが一番安心できます。

今お持ちの悩み、相談を全て打ち明けて、納得してから就職・転職活動した方が後悔がありません。

せっかくの転職・就職です。
10年・20年先を見据えて、あなたのキャリアアップを叶える転職・就職にしましょう。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 職員が次々と退職してしまい負担が大きくなった
  • 給料が安くて将来が不安になった
  • 経験を活かせる仕事がさせてもらえなかった
  • 職場の人間関係が面倒くさかった

転職の理由が「車通勤OKの職場で働きたい」「駅近で通勤しやすいところがいい」「夜勤専従で働きたい」「資格を活かせる職場で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「高収入の介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●夜勤がない介護施設を探している。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●制服貸与の施設を探している。

●訪問入浴の仕事がしたい。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

●介護予防の仕事がしたい。

●未経験者歓迎の施設を探している。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●有給休暇が有る施設に勤めたい。

●厚生年金のある介護施設で仕事がしたい。

という希望なら

☆准看護師取得者の求人多数。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ケアマネージャーの求人の割合

全国に様々な種類の老人福祉施設があり、ケアマネージャー求人の割合は多いです。

高齢化社会がさらに進む中でケアマネージャーの需要が高まっています。

過疎地域ほどケアマネージャーの役割と重要性が増してきます。

市町村には、地域包括支援センターが設置されていますのでそこでもケアマネージャーの役割が大きいです。

よく老人福祉施設のなかに併設されている場合があります。

また施設の中に居宅支援事務所をかまえると施設との連携がスムーズになるのでたくさんのメリットがあります。

ケアマネージャーの求人を出すところは、だいたい居宅支援事務所が多いです。

ケアマネージャーは介護を必要な人たちと福祉サービスを結びつけ、介護を必要としている人たちがよりよい日常生活を送れるようにする仕事です。

この人は何に困っていてどうすれば解決するかを常に考え、とてもやりがいのある仕事です。ほか業種よりも求人数は多いですし、仕事に対する充実感が得られると思います。




パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。

せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。




介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




秋田県介護計画策定の趣旨

●秋田県では、平成22年の国勢調査において、高齢化率が全国一となる29.6%となりました。
平成26年10月1日現在の高齢化率は32.6%と、全国平均の26.0%を6.6ポイント上回っており、依然として全国一の高齢化率となっています。
(高齢化率は秋田県年齢別人口流動調査及び総務省統計局公表の人口推計データ)
また、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、平成42年には全国で秋田県だけが40%を越えて、41.0%にまで達していると推計しています。
●秋田県では、平成12年3月に「秋田県介護保険事業支援計画・第2次老人保健福祉計画」を策定し、その後、3年ごとに同計画を策定しており、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「第5期介護保険事業支援計画・第6期老人福祉計画」では、新たに地域包括ケアシステムの実現のための取組をスタートし、医療・介護・福祉連携促進協議会の開催や、セミナーの開催などを行ってきました。
● 平成27年度から平成29年度までを計画期間とする「第6期介護保険事業支援計画・第7期老人福祉計画」については、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる平成37年を見据えた中長期的な視野に立った施策の展開を図るとともに、高齢化率全国一の秋田県として、地域包括ケアシステムの実現に必要な取組をより一層発展させていく施策を進める計画とします。



居宅サービス・地域密着型サービスの利用状況

訪問系

●訪問介護の利用は、計画を10%ほど上回り増加傾向にあります。
●訪問入浴介護については、短期入所事業や通所介護の利用の増加に伴い利用者が減少したものと思われます。

通所系

● 通所介護・通所リハビリテーションの利用は計画に近い実績となっています。

入所系

● 短期入所生活介護・短期入所療養介護の利用は、計画を20%上回りました。
● 短期入所サービスの整備が進んだことなどを背景に、介護者が一時的に休息をとるための利用や、入所施設の待機者が入所が決定するまでの間の利用が増えたことなどが、増加した要因として考えられます。

福祉用具

● 福祉用具貸与・特定福祉用具販売は、ほぼ計画どおりの利用実績となっています。
また、介護予防福祉用具貸与は計画を上回っています。

居宅介護支援

● 居宅介護支援、介護予防支援の利用者は、ほぼ計画どおりに推移しています。

地域密着型サービス

● 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、平成24年度、25年度の実績はありませんが、平成26年度に3箇所開設されています。
● 夜間対応型訪問介護は、現在、県内には事業所がありません。夜間の訪問介護が必要な方へは、24時間対応の訪問介護事業所が対応しているものと考えられます。
● 小規模多機能型居宅介護は計画を上回る実績となっています。
● 認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護は、計画を若干下回り推移しています。
● 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)は2箇所開設されていますが、計画には達していません。

施設サービスの指定状況

● 介護保険施設については、広域的な観点に留意し、圏域別の需要動向を勘案しながら、計画的な整備を促進しました。
また、居宅サービスや地域との連携を図りながら、専門的な介護機能を活かし、地域の保健福祉サービスの拠点施設として利用されています。


就職・転職コラム

通常、会社とは社員に向かって、いかほどの得策な条件で勤めてくれるのかと、なるべくスピーディに会社の利益アップに連動する能力を、活用してくれるのかだけを夢想しているのです。
通常の日本企業で体育会系の経験のある人材がよしとされるのは、言葉遣いがしっかりできるからなのです。いわゆる体育会系の部活動の世界では、いつも上下関係が厳格であり、意識せずとも習得できるようです。
即座にも、新卒以外の社員を増強したいともくろんでいる企業は、内定決定してから回答までの間を、一週間程度に制約を設けているのが多数派です。
ある日唐突に有名企業から「あなたを採用したいのです!」などという機会は、まずないと思います。内定をふんだんに貰っている場合は、それだけ度々がっかりな不採用にもなっていると思われます。
企業によりけりで、仕事の実情や自分が考えている仕事もそれぞれ違うと思いますので、面接の場合に触れこむのは、会社ごとに相違が出てくるのが当然至極なのです。

「自分の特性をこの事業ならば使うことができる(会社に役立つことができる)」、そこで先方の会社を志しているというようなケースも、妥当な重要な要素です。
「自分がここまで成長させてきた特異な手腕や特徴を武器にして、この業務に就きたい」というように自分と関連付けて、ようやく面接の場でも納得できる力をもってあなたのやる気が伝わります。
誰もが知っているような成長企業だと言われても、100パーセントこれから先も何も起こらない、そんなことではない。だから企業を選ぶときにそこのところについては真剣に確認しておこう。
現在の業種を変更するという気持ちはないけれど、うまくもっと月収を増加させたい状況なら、とにかく資格取得というのも一つの手法だと考えられます。
ハローワークなどの場所では、色々な雇用や経営についての法的制度などの情報が公開されていて、現在では、やっとこさ就職情報の扱い方も強化されてきたように思います。

人材紹介を生業とする業者の会社では、企業に就職した人が予定していない期間で離職などの失敗があれば、労働市場での評判が下がりますから、企業のメリットやデメリットをどちらも隠さずに聞けるのである。
「筆記する道具を携行してください。」と記述があれば、記述テストの懸念があるし、最近多い「懇親会」と載っているのなら、グループ別の討論会が手がけられる確率が高いです。
面接選考で、何が足りなかったのか、ということを指導してくれるような懇切丁寧な会社はまずないので、応募者が自分で改善するべきところを検討するのは、非常に難しいことです。
私も就職活動の最初の時期は、「絶対やってやるぞ」とがんばっていたのに、何回も悪い結果ばかりが続いて、いまじゃもう担当者の話を聞くことすらコワくなってしまうのです。
会社というものは、働く人に収益の全体を割り戻してはいません。給与の相対した真の労働(必要労働時間)は、よくても実働時間の半分かそれ以下ということだ。