はしづめクリニック福祉医療求人【正社員介護士福祉施設求人】

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆実務者研修取得者の求人多数

☆医療事務の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。


はしづめクリニックでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



はしづめクリニックの概要

郵便番号 〒010-0952
住所 秋田県秋田市山王新町19-27
電話番号 018-883-3388
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

はしづめクリニックの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



正社員介護士福祉施設求人

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆実務者研修取得者の求人多数

☆医療事務の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



条件のいい高待遇の介護職求人情報

介護施設への転職は、現在売り手市場と言われています。
条件のいい高待遇の介護職求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。

案件の数も非常に多く、

・正社員
・契約社員・パート/その他

といった雇用形態

・機能訓練指導員
・管理職・サービス提供者
・生活相談員
・ケアマネージャー
・ヘルパー
・家事代行スタッフ
・管理栄養士
・医療事務
・介護事務
・送迎ドライバー
・看護師

などの職種や、

・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

などの各種資格

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

などの各種サービス形態、

といった様々な軸を基準に、あなたのご希望にあった職場の求人情報を探すことができます。

また、求人情報も、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しており、転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に、ご検討することが可能となっております。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 休憩時間も取れないほど忙しかった
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった

転職の理由が「土日休みの施設で働きたい」「親の介護があるので日勤のみが希望」「研修制度のしっかりした職場で働きたい」「オープニングスタッフとして立ち上げから参加したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「正社員介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●介護スタッフの仕事がしたい。

●居宅介護支援で仕事がしたい。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

●家事代行スタッフとして働きたい。

●訪問リハビリに就職したい。

●有料老人ホームの求人を探している。

●近場でお仕事を探したい。

●キャリアアップ手当の支給がある施設が希望。

●未経験だけど介護の仕事がしたい。

という希望なら

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆実務者研修取得者の求人多数

☆医療事務の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



機能訓練指導員の仕事内容

機能訓練指導員 とは

【仕事の内容】
生活機能向上プログラムの指導のお仕事

①日常生活で必要な身体機能の維持改善のための個別訓練計画の作成
②機能訓練の実施
③介護職員への指導(日常動作におけるリハ的行動)
④モニタリング など

【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など

【必要な資格】
看護師(国家資格)・准看護師(知事資格)・作業療法士(国家資格)・理学療法士(国家資格)・ 言語聴覚士(国家資格)・ 柔道整復師(国家資格)・あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
※類似資格の中で鍼灸師は要項を満たしません




無資格未経験OKの介護職求人募集状況

無資格未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として無資格未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

無資格や未経験での介護職への転職は、とても不安が大きいものではないでしょうか。
介護の現場は経験していくことで仕事を覚えられますので、そこは心配しないでくださいね。
むしろ、最初に職場を決める時がポイントになりますので、じっくりとご自分に合った職場を選ぶようにしましょう。
無資格未経験でも丁寧に指導してくれる介護施設もたくさんありますので、あなたひとりでは見つけられなかった優良施設も「転職支援サイト」のサポートを受ければすぐに見つかると思いますので、おすすめしています。

お近くの介護施設でも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。




転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

【担当エージェントについて】
担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

【担当エージェントについて】
私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
本当にありがとうございました。
もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

【担当エージェントについて】
介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
大変なお仕事ですね。
担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。




秋田県介護計画策定の趣旨

●秋田県では、平成22年の国勢調査において、高齢化率が全国一となる29.6%となりました。
平成26年10月1日現在の高齢化率は32.6%と、全国平均の26.0%を6.6ポイント上回っており、依然として全国一の高齢化率となっています。
(高齢化率は秋田県年齢別人口流動調査及び総務省統計局公表の人口推計データ)
また、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、平成42年には全国で秋田県だけが40%を越えて、41.0%にまで達していると推計しています。
●秋田県では、平成12年3月に「秋田県介護保険事業支援計画・第2次老人保健福祉計画」を策定し、その後、3年ごとに同計画を策定しており、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「第5期介護保険事業支援計画・第6期老人福祉計画」では、新たに地域包括ケアシステムの実現のための取組をスタートし、医療・介護・福祉連携促進協議会の開催や、セミナーの開催などを行ってきました。
● 平成27年度から平成29年度までを計画期間とする「第6期介護保険事業支援計画・第7期老人福祉計画」については、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる平成37年を見据えた中長期的な視野に立った施策の展開を図るとともに、高齢化率全国一の秋田県として、地域包括ケアシステムの実現に必要な取組をより一層発展させていく施策を進める計画とします。



各種施策を総合的にスピード感をもって進め、地域包括ケアシステムの早期実現を図る

● 本県の高齢化率は全国一である状況が続いており、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、今後も本県の高齢化率は増加し続け、平成42年には全国で本県のみが40%を越え、41.0%にまで達するとしています。
● 高齢化率の増加に伴って、介護を必要とする人や認知症の人も増加すると見込まれます。
● 平成24年4月施行の改正介護保険法において、様々な専門分野が連携し、介護が必要な人や高齢者などを、地域で包括的に支援していく『地域包括ケアシステムの構築』が提唱されました。
これは、日常生活に必要な医療、介護、介護予防、住まい、生活支援のサービスを利用者のニーズに合わせて、一体的に切れ目のない支援をしていくものです。
● 国では、平成37年を目処に地域包括ケアシステムの実現を目指していますが、高齢化率が全国一である本県においては、各種施策を総合的にスピード感を持って進め、高齢者等が住み慣れた地域で暮らすことができるようにするため、地域包括ケアシステムの早期実現を図る必要があります。

訪問系サービス

● 一人暮らしの高齢者や高齢者のみで構成される世帯が増加する一方、共働きも増加し、日中に自宅で独りとなる要支援・要介護高齢者の増加などにより、訪問系サービスの需要は増加し、それに応じて事業所数も増加しています。
● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。
● なお、介護予防訪問介護は、平成30年4月1日までに地域支援事業に移行します。

通所系サービス

● 一人暮らしの高齢者や高齢者のみで構成される世帯が増加する一方、共働きも増加し、日中に自宅で独りとなる要支援・要介護高齢者の増加などにより、通所系サービスの需要は増加し、それに応じて事業所数も増加しています。
● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。
● なお、小規模な通所介護事業所は、平成28年度に地域密着型サービスに、介護予防通所介護は、平成30年4月1日までに地域支援事業に移行します。

入所系サービス

● 短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護は、近年、施設の整備が進み増加しており、サービス供給量も伸びています。
今後も利用者数、事業所数共に増加が見込まれます。
● 整備に当たっては市町村との連携をこれまで以上に密にします。
● 特定施設入居者生活介護については、県の老人福祉圏域ごとの整備計画と市町村の整備計画の整合性に留意し、県と市町村が連携して指定をします。

福祉用具サービス及び住宅改修

● 福祉用具貸与及び特定福祉用具販売を効果的な生活支援とするためには、介護支援専門員の関わりが重要です。
● 住宅改修では、手すりの設置や段差の解消の工事等にサービス利用の増加が見込まれます。
● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。

居宅介護支援・介護予防支援

● 要支援・要介護認定者数の増加に伴い、サービス利用の増加が見込まれます。
● 利用者数の増加に対応できるよう、介護支援専門員数の確保とともに、各種の研修による資質向上を図ります。

地域密着型サービスの供給見込量

● 一人暮らしの高齢者や認知症高齢者の増加等が見込まれることから、要介護状態になっても、できる限り住み慣れた家庭や地域で生活が継続できるよう、地域密着型サービスの基盤を拡充することが必要です。
● 特に、定期巡回・随時対応型訪問介護看護や、看護小規模多機能型居宅介護の導入に向け、情報提供を行うなど、市町村の事業所整備を支援します。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

夜間対応型訪問介護

● 一人暮らしや夫婦だけの高齢者世帯に対する24時間の安心感を提供できるサービスとして、今後、利用が増加するものと見込まれます。
● 平成26年度までは利用が無い状況ですが、今後、都市部を中心としてサービス提供体制の整備を支援します。

認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護

● 認知症高齢者ができる限り、なじみの事業所において、家庭的な環境のもとでサービス提供されることから、このサービスに対する利用は今後も増加するものと見込まれます。
● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

● 認知症の特性に配慮したサービスとして創設され、これからの高齢者介護の主要なサービスのひとつとして必要性が増しています。
● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

地域密着型特定施設入居者生活介護

● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

看護小規模多機能型居宅介護

● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

地域密着型通所介護

● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。
● 併せて、平成28年度に、既存の小規模な通所介護事業所が円滑に地域密着型通所介護事業に移行できるよう、市町村等への支援を行います。


就職・転職コラム

「私が現在までにトレーニングしてきた特別な能力や才能を有効利用して、この仕事に就きたい」という風に自分と繋ぎ合わせて、かろうじて話しの相手にも信じさせる力をもって浸透するのです。
当座は、志望する企業ではないのでしょうが、求人募集をしているその他の会社と照合して、ちょっとだけでも興味をひかれる点は、どんな点かを検討してみましょう。
転職という、いわゆる切り札を何回も出してきた過去を持つ方は、なぜか回数も増えるのです。それで、同一会社の勤務年数が短いことが多くなるというわけですね。
面接試験には、たくさんのスタイルが見られます。このウェブサイトでは個人(1対1のありふれた面接)、集団での(複数の応募者が参加するもの)面接、さらにグループディスカッションなどを特に詳細に説明していますから、ご覧くださいね。
公共職業安定所といった所の引きあわせをされた場合に、その会社に勤務が決まると、年齢などの構成要素により、そこの会社より職業安定所に就職仲介料が必須だそうです。

自分について、思った通りに相手に言えなくて、十分恥ずかしい思いをしてきました。いまの時点からでも自分自身の内省に時間をとるのは、もはや後の祭りでしょうか。
どんなに成長企業とはいうものの、100パーセント就職している間中揺るがない、そんなことは断じてありません。就職の際にそこのところは真剣に確認しておこう。
年収や労働待遇などが、いかによいものでも、労働の境遇が劣悪になってしまったら、この次も仕事を辞めたくなることもあり得ます。
必ずこんなふうにやりたいというはっきりしたビジョンもないし、あの仕事もこの仕事も良さそうと考えた末に、大事な時に実際のところ何がしたいのか面接を迎えても、話せないのです。
自己判断を試みる場合の気をつけなければならない点としては、抽象的な表現をなるべく用いない事です。具体的でない言い方では、採用担当の人を理解させることはなかなか難しいのです。

役に立つ実務経験が十分にある人は、職業紹介会社でもそれなりの利用価値はあります。その訳は新卒者ではなく、人材紹介会社などによって人材を求めているケースは、まず間違いなく経験豊富な人材を採用したい。
第一希望からの連絡でないからということが理由で、内々定の意思確認で悩む必要はありません。すべての就活を終了してから、内々定をつかんだ企業の中でじっくりと選ぶといいのです。
新卒以外の者は、「入社可能に思われて、仕事の経験も蓄えられそうな会社」なら、如何にしても契約しましょう。小さい会社でも構わないのです。実際の経験と履歴を得ることができればそれで問題ありません。
転職活動が就活と全く違うのは、「職務経歴書」だと聞いています。これまでの勤務先等での職場での役職や詳細な職務内容などを単純明快に、要点をはずさずに作る必要があるのです。
一般的に言って最終面接の際に尋ねられるのは、今日までの面接の場合に問いかけられたことと同じような事になってしまいますが、「志望のきっかけ」が筆頭で多く質問される内容です。