かみの里介護求人バイト【高収入の介護士福祉施設求人】

☆看護師取得者の求人多数。☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。


かみの里では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



かみの里の概要

郵便番号 〒010-1407
住所 秋田県秋田市上北手百崎字二タ子沢1-6
電話番号 018-889-6294
施設形態 老人保健施設
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

かみの里の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



高収入の介護士福祉施設求人

☆看護師取得者の求人多数。☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護士・ヘルパーなどの資格を活かせるか不安?

介護の資格をお持ちの方は、その資格を最大限に活かせる介護施設で働きたいですよね。
介護の保有資格を最大限にいかせる介護施設はどこでしょう。

◇ヘルパー(介護職員初任者研修課程修了)
◇実務者研修
◇ケアマネジャー
◇介護事務
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
◇資格を保有していない

無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護の資格を最大限生かす働きかたを教えてくれるのは、転職を支援している介護求人検索サイトです。

その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を検討して、納得のいくお仕事探しができます。

もし、インターネットを使って求人情報を探すのが苦手という方であれば、電話にてご相談いただくことで、スタッフが ご希望に沿った求人を探すといったサービスも提供しております。
なおご案内した機能、サービスの利用は完全無料となっております。

このように、どなたでも安心してご利用いただけますので、介護業界での転職をお考えであれば、是非介護求人サイトご登録ください。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • スキルアップできる職場ではなかった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった
  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった
  • 上司が意地悪な人で信用出来ない

転職の理由が「正社員として採用して欲しい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」「車通勤OKの職場で働きたい」「夜勤専従で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「高収入の介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●医療事務の仕事に付きたい。

●福祉用具貸与の求人を探している。

●育児休暇ある施設で働きたい。

●パートで働ける介護施設を探している。

●介護施設で看護師として働きたい。

●キャリアアップ手当の支給がある施設が希望。

●定年後再雇用制度があるところを探している。

●在宅しか経験がないけど施設で働きたい!

●昇給がある介護施設で働きたい。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

という希望なら

☆看護師取得者の求人多数。☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。




短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。




転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

【担当エージェントについて】
担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

【担当エージェントについて】
私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
本当にありがとうございました。
もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

【担当エージェントについて】
介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
大変なお仕事ですね。
担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。




秋田県の高齢者の状況

高齢者数の推移

(1)高齢者数・高齢化率の現状と将来推計
● 高齢者数は年々増加しており、それに伴って高齢化率も年々上昇を続け、平成26年10月1日現在の秋田県の人口は1,036,861人で、65歳以上の高齢者数は338,004人、高齢化率は32.6%となっています。
● 本計画期間においても、人口の減少と高齢者数の増加が予測されており、また、高齢化率が全国一高い状態が継続すると、国立社会保障・人口問題研究所では予測しています。
● 団塊の世代が65歳以上となる平成27年には、65歳以上の高齢者が県民の約3人に1人となり、さらに、平成42年には高齢化率が4割を超えると予測されています。

(2)後期高齢者数の増加
●秋田県では、平成19年に後期高齢者数が前期高齢者数を初めて上回り、総務省統計局が公表した平成25年10月1日時点の人口推計では、本県の後期高齢化率が17.8%と全国で一番高くなっています。
また、平成26年10月1日現在の後期高齢化率は18.0%となっています。
●後期高齢者数は平成42年頃まで増加する見込みです。

高齢者世帯の推移

●秋田県内の総世帯数は平成17年をピークに減少し、今後も減少していく見込みですが、高齢者世帯数は平成32年頃まで増加し続ける見込みです。
●高齢者世帯のうち単独世帯(ひとり暮らし)と夫婦のみの世帯が、平成37年頃まで増加し続ける見込みです。
●一般世帯に占める高齢者世帯の割合は、今後も増加し続ける見込みです。



居宅サービス・地域密着型サービスの利用状況

訪問系

●訪問介護の利用は、計画を10%ほど上回り増加傾向にあります。
●訪問入浴介護については、短期入所事業や通所介護の利用の増加に伴い利用者が減少したものと思われます。

通所系

● 通所介護・通所リハビリテーションの利用は計画に近い実績となっています。

入所系

● 短期入所生活介護・短期入所療養介護の利用は、計画を20%上回りました。
● 短期入所サービスの整備が進んだことなどを背景に、介護者が一時的に休息をとるための利用や、入所施設の待機者が入所が決定するまでの間の利用が増えたことなどが、増加した要因として考えられます。

福祉用具

● 福祉用具貸与・特定福祉用具販売は、ほぼ計画どおりの利用実績となっています。
また、介護予防福祉用具貸与は計画を上回っています。

居宅介護支援

● 居宅介護支援、介護予防支援の利用者は、ほぼ計画どおりに推移しています。

地域密着型サービス

● 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、平成24年度、25年度の実績はありませんが、平成26年度に3箇所開設されています。
● 夜間対応型訪問介護は、現在、県内には事業所がありません。夜間の訪問介護が必要な方へは、24時間対応の訪問介護事業所が対応しているものと考えられます。
● 小規模多機能型居宅介護は計画を上回る実績となっています。
● 認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護は、計画を若干下回り推移しています。
● 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)は2箇所開設されていますが、計画には達していません。

施設サービスの指定状況

● 介護保険施設については、広域的な観点に留意し、圏域別の需要動向を勘案しながら、計画的な整備を促進しました。
また、居宅サービスや地域との連携を図りながら、専門的な介護機能を活かし、地域の保健福祉サービスの拠点施設として利用されています。


就職・転職コラム

心から楽しく業務をこなしてもらいたい、僅少でも良い条件を割り振ってあげたい、潜在能力を向上させてあげたい、レベルアップさせてあげたいと雇う側でも考えていることでしょう。
「筆記する道具を所持すること。」と載っているなら、記述試験の確度が濃厚ですし、最近多い「懇親会」と記載があるなら、小集団に分かれての討論が開かれる場合があります。
野心や理想の姿を夢見た転業もあれば、企業の思惑や身の上などの外的な素因により、退職届を出さなければならない事例もあるでしょう。
外国資本の仕事場で求められる商売する上でのビジネスマナーや技術は、日本人のビジネスパーソンとして要求される所作やビジネス経験の基準を著しく上回っていると言えます。
何か仕事のことについて話す間、少し曖昧な感じで「どういう風に思っているか」ということにとどまらず、他に具体的な小話をはさんで告げるようにしてみたらよいでしょう。

第二新卒が意味するのは、「一旦就職したけれど短期間で離職した若年者(一般的には25歳程度まで)」のことを表す言葉。近頃は早期に離職してしまう新卒者が増えている状況から、このような新しい言葉が誕生したのだと聞いています。
あなた方の身の回りには「その人の志望が明確」な」人はいるでしょうか。そんなタイプの人こそが、企業から見ると価値が簡明な人と言えるでしょう。
関わりたくないというといった立ち位置ではなく、汗水たらして自分を目に留めて、ひいては内定までくれたその企業に対しては、実直な応答を肝に銘じましょう。
自分自身の事について、あまり上手に相手に話すことができず、たっぷりつらい思いをしてきました。これから自己診断するということに時間を費やすのは、既に取り返しがつかないものでしょうか。
企業説明会から出向いて、筆記でのテストやたび重なる面接とステップを踏んでいきますが、このほかにも実習生として働くインターンシップや同じ学校のOBを訪問したり、リクルーターとの懇談等の作戦もあります。

今の所より賃金や職務上の対応が手厚い会社が存在した場合、自らも転職したいと要望しているのなら、未練なくやってみることも重要でしょう。
この場合人事担当者は、応募者の持っている真の適格性について読み取ることで、「企業に必要で、活躍してくれそうな人物かどうか」を真剣に突きとめようとするのだ。そういうふうに思うのだ。
転職を考慮する時には、「今いる会社よりもかなり上の条件の企業があるのではないか」というふうに、たいていどんな人でも考えをめぐらせることがあるはず。
いわゆる企業は働く人に臨んで、どんなに好都合の条件で労働してくれるのかと、最も早く企業の直接の利益貢献につながる能力を、活用してくれるのかだけを待ち望んでいます。
通常、会社説明会とは、企業の側が開催する就職関連のガイダンスのことで、よくセミナーとも称されます。その会社を希望している学生や転職の希望者を招集して、企業の概観や募集に関する要点などをブリーフィングするというのが典型的です。