特別養護老人ホームきく派遣アルバイト【正社員介護士福祉施設求人】

☆医療事務の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆ご自宅から近い職場を探せます!


特別養護老人ホームきくでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



特別養護老人ホームきくの概要

郵便番号 〒133-0073
住所 東京都江戸川区鹿骨3丁目16-6
電話番号 03-3677-3030
施設形態 特別養護老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

特別養護老人ホームきくの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



正社員介護士福祉施設求人

☆医療事務の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆ご自宅から近い職場を探せます!


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



ハローワークでの就職・転職活動は難しい?

年収400万円以上など、あなたの希望を全て叶える転職を、ハローワークで探すのは大変ですよね。

最近では求人票に記載されている内容が「嘘が多い」と問題になってます。

就職・転職活動を全てを1人でやらないといけないとなると、不安多いですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って、紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。

これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 介護職員同士が仲が悪く仕事のミスが増えていた
  • 自分ばかり仕事を押し付けられていた
  • 休みが取りづらく家族に迷惑をかけていた
  • 休憩時間も取れないほど忙しかった

転職の理由が「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」「車通勤OKの職場で働きたい」「駅近で通勤しやすいところがいい」「パート求人を探している」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「正社員介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●介護スタッフの仕事がしたい。

●ホームヘルパーの仕事がしたい。

●生活相談員の仕事を探している。

●グループホームの求人を探している。

●夏期休暇が有る施設に勤めたい。

●年間休日100日の介護施設で働きたい。

●介護施設で看護師として働きたい。

●老人保健施設で働きたい。

●ショートステイで勤務したい。

という希望なら

☆医療事務の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆ご自宅から近い職場を探せます!

コチラがおすすめです!



少子高齢化社会で介護業界は人手不足

少子高齢化社会が進む中で介護業界はこれから先も人手不足が心配されています。

今でさえも求人情報を見てみると、たくさん介護士求人が掲載されています。

どこの地域でも、他の業種と比較すると介護士の求人は多いです。

最近は老人福祉施設が数多く建設されていますから、とくに施設における介護士の役割はとても大きいです。

介護士が中心となり、老人福祉施設で生活している入所者をサポートしています。

食事介助や排せつ処理、入浴介助など大変な仕事ですが、とてもやりがいのある仕事でもあります。

やはり、お年寄りと話をするのが好きであったり、世話好きの人が向いていると思います。

また、コミュニケーション能力も必要であり、この人は何に困り何を必要としているのかをくみ取る必要もあります。

介護施設で集団生活となると、いろいろ問題も起こりますので、お年寄りの人たちみんなが、仲よく集団生活ができるように、サポートすることも必要です。

もし、求人情報を見ていて介護士の仕事をやってみようと思ったなら、ぜひお勧めします。




無資格未経験の方にオススメ

無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




介護人材等の確保・育成・定着を支援します。

都内で必要とされる介護人材等の安定した確保・育成・定着に向け、介護の仕事に関する普及啓発、事業者の採用支援、キャリアパスの導入支援、宿舎借り上げ支援、職場改善など、総合的な取組を行います。

主な事業展開

介護人材確保対策事業

・職場体験事業
介護業務を経験したことのない者を対象として、職場体験の機会を提供します。
・介護職員初任者研修資格取得支援事業
介護業界への就労を希望し、職場体験事業を経た者を対象として、介護職員初任者研修の資格取得を支援します。
・トライアル雇用事業
介護業務への就労を希望する無資格者を対象として、介護施設等での雇用先確保と資格取得支援を合わせて行います。

潜在的介護職員活用推進事業

・紹介予定派遣を活用し、雇用のミスマッチの解消と派遣期間中の継続的な支援により、潜在的有資格者の就業の促進と介護人材の安定的な確保を図ります。

東京都介護職員キャリアパス導入促進事業

・国の「介護キャリア段位制度」を活用し、職責に応じた処遇を実現するキャリアパスの導入に取り組む事業者を支援し、介護人材の定着・育成等を図ります。

現任介護職員資格取得支援事業

・現任介護職員の育成及びサービスの質の向上を図るため、介護施設・事業所で働く介護職員の介護福祉士国家資格取得を支援します。

介護職員スキルアップ研修事業

・介護職員を対象に、医療的知識や高齢者特有の身体的特徴、緊急時の対応などの研修を実施し、安全で適切な介護サービスの提供を促進します。

代替職員の確保による現任介護職員等の研修支援事業

・介護保険事業所等が、介護職員等に研修を受講させる場合、代替職員を派遣し、介護職員等の資質の向上を図ります。

介護職員等によるたんの吸引等のための研修事業

・特別養護老人ホーム等の施設や在宅において、適切にたんの吸引等の医療的ケアを行うことができる介護職員等を養成するため、研修を実施するとともに、事業者及び従事者の登録、登録研修機関への初度経費補助等を行います。

東京都介護職員宿舎借り上げ支援事業

・住宅費負担を軽減し良好な居住環境の提供による働きやすい職場環境を実現するとともに、施設による防災の取組を計画的に進め、地域の災害福祉拠点として災害時の迅速な対応を推進するため、介護職員宿舎の借り上げを行う事業者を支援します。

訪問看護人材確保育成事業

・訪問看護サービスの安定的な供給を図るため、地域における新任訪問看護師の育成や認定訪問看護師資格取得支援等を実施し、訪問看護人材の確保・育成・定着を図ります。

新任訪問看護師就労応援事業

・質の高い訪問看護師の確保を図るため、訪問看護未経験の看護職が不安なく訪問看護分野への就労を選択できる環境を整える事業者を支援します。

訪問看護師勤務環境向上事業

・中小規模の訪問看護ステーションに勤務する看護職の勤務環境向上の一環として、訪問看護師が研修受講する場合に必要な代替職員を確保する経費の一部を補助します。

訪問看護師定着推進事業

・訪問看護ステーションの看護職の定着を図るため、訪問看護師が産休・育休・介休を取得する場合に必要な代替職員を確保する経費の一部を補助します。

訪問看護ステーション事務職員雇用支援事業

・職員の事務負担を軽減し、専門業務に注力できる環境を整備するため、事務職員を新たに配置する訪問看護ステーションを支援します。



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

威圧的な圧迫面接で、厳しい問いかけをされた折りに、知らず知らずむくれる方もいるでしょう。その気持ちはよく分かりますが、思ったままを抑えるのは、社会的な人間としての当たり前のことです。
一口に面接といっても、いろんな形がありますから、このHPでは個人(1対1どこでやっている面接)及び集団(複数の応募者が参加するもの)面接、そしてグループディスカッションなどを掘り下げて伝授しているので、目を通してください。
やっと手配の段階から面接の段階まで、長い段階を登って内定の通知を貰うまで到達したというのに、内々定の連絡後の処置を誤ってしまってはふいになってしまう。
実のところ就職試験のために出題傾向などを専門誌などを使ってちゃんとリサーチして、対策をたてることが大切です。今から様々な試験の要点ならびに試験対策について詳しく紹介しています。
いわゆる会社は雇っている人間に対して、幾らくらいの好ましい条件で勤務してくれるのかと、なるべく早くに会社の具体的な収益アップに引き金となる能力を、発動してくれるかだけを待ち望んでいます。

基本的には就職活動の際に、応募する人から応募したい働き先に電話するということは滅多になく、それよりも相手の会社からかかってくる電話を受けるほうが沢山あるのです。
ある日いきなり大企業から「あなたを採用したいと思っています」という話は、恐らくありえないでしょう。内定をたんまりと出されているような人は、それと同じ分だけ悪い結果にもなっていると考えられます。
収入や職場の待遇などが、大変よいものでも、毎日働いている環境こそが思わしくないものになってしまったら、今度も離職したくなる確率が高いでしょう。
たとえ社会人になっていても、きちんとした丁寧語、謙譲語、敬語を使っている人が多いわけではありません。ということで、世の中ではただ恥をかいてすむところが、面接で敬語を使い間違えると致命的(不合格を決定づける)な場合がほとんど。
面接すれば、非常に高い確率で転職理由について尋ねられることになります。「何が原因で退職したのか?」ということは、どんな会社も非常に気にする部分です。そんな訳で、転職理由をきちんと用意しておくことが大切だと思います。

基本的に、人材紹介会社とか職業紹介会社というのは、本来は転職を望んでいる人に使ってもらう企業やサービスだ。だから企業での実務の経験がどんなに短くても数年程度はないと相手にすらしてくれません。
人によっていろいろな巡り合わせによって、ほかの会社への転職を心の中で望んでいる人が近年増えているのである。ところが、転職すると決めたはいいけれど、転職してからの人生が大きく異なるケースもたくさんあるのが実情である。
著名企業等のうち、千人単位の希望者があるところでは、選考に使える人員の限界もあったりして、とりあえず大学だけで、断ることなどは現に行われているようなのであきらめよう。
ある仕事のことを話す状況では、要領を得ずに「何を考えているか」というだけではなく、加えて具体的な例を取り混ぜて伝えるようにしたらよいのではないでしょうか。
私も就職活動に取り組み始めた頃は、「希望の会社に入社するぞ」と本気だったのだが、ずっと悪い結果ばかりが続いて、近頃ではもう面接会などに出席することすら恐れを感じてしまうのだ。