江戸川共済病院新卒介護求人【正社員介護士福祉施設求人】

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆医療事務の求人多数。


江戸川共済病院では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



江戸川共済病院の概要

郵便番号 〒133-0065
住所 東京都江戸川区南篠崎町1丁目2-16
電話番号 03-3679-5211
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

江戸川共済病院の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



正社員介護士福祉施設求人

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆医療事務の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーをはじめとする介護職員という仕事は、困っている多くの人から本当に必要とされている重要なお仕事です。
「介護職員処遇改善加算」が導入されたことで、介護業界の大手企業を皮切りに介護職員の給与アップや待遇を見直す動きが加速しています。
転職先での給与アップやキャリアアップは現実的なお話です。
あなたらしく、やりがいをもって働ける職場とめぐり逢えるといいですね。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 入社説明の話と実態が大きく食い違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 休憩時間も取れないほど忙しかった
  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった

転職の理由が「オープニングスタッフとして立ち上げから参加したい」「自宅近くの施設で働きたい」「ボーナスが出る施設で働きたい」「紹介予定派遣で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「正社員介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●中高年でも出来る介護の仕事がしたい。

●退職金制度がある施設で働きたい。

●有給休暇が有る施設に勤めたい。

●デイサービスの求人を探している。

●病院・診療所で介護がしたい。

●在宅しか経験がないけど施設で働きたい!

●管理栄養士の仕事を施設でしたい。

●扶養手当がある施設で働きたい。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●小規模多機能型施設で働きたい。

という希望なら

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆医療事務の求人多数。

コチラがおすすめです!



ケアマネジャー(介護支援専門員)のお仕事

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
同じ施設で働く仲間がどんな仕事をしているのかを知っておくことで、よりスムーズに業務が進みます。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。




介護士・登録へルパーの求人情報は、ハロワだけにあるのではない!?

ハロワにはない好待遇の求人ってどこにあるの?

  • 【転職支援サイト】
    介護の転職や就職を応援する会社が運営する転職支援サイトには、ハロワにはない情報があり、かつ専門のエージェントがサポートしてくれるので、早くお仕事を始めたい方におすすめです。

  • 【介護の求人検索サイト】
    求人サイトには、ハローワークにはない介護士や登録ヘルパーの求人情報が多く掲載されています。
    一人で求人情報を見て、転職・就職したい方におすすめです。

  • 2つ同時に登録、利用可能です。
    今すぐに転職をしたい訳ではない方も、ご心配なく。
    求人情報だけ見たいので登録したい・・という方も安心して登録してください。
    情報は広くたくさん集めましょう。

人気の【介護の求人検索サイト】

  • 介護士の3人に1人、約50万人の会員が利用する国内最大級の介護求人検索サイトはご存じですか。

    登録ヘルパーや常勤ヘルパーの求人、パートの介護士の求人や正社員の介護士の求人が豊富にあります。
    お近くの介護施設でどんな求人があるのか、待遇やお給料がいくらかをしっかり検討してから、働き方を決めたほうが後悔がありません。

    【求人の探し方】
    ①希望の雇用形態 (正社員、パート)
    ②持っている介護関連の資格 
    ③住んでいる地域(希望勤務地)
    を入力して、情報のやり取りに必要となるメールアドレス、パスワード(ご自分の好きなワードで大丈夫です)を入力するだけ!!

    ハロワには無い、サイト限定求人3万件を見ることができます。

  • 人気の【転職支援サイト】

  • 働き方について介護職専門のエージェントい相談して、後悔のないお仕事探しをしたいかたはこちらがお勧めです。

    ・スタッフ・施設長の雰囲気
    ・現場でしか知りえない情報

    などの細かいことを知っている転職のプロ”があなたに合った介護施設を探してくれます。

    登録ヘルパーとして働く方がいいのか、常勤のヘルパーとして働く方がいいのか、あるいはパート介護士として働いた方がいいのか、正社員として働いた方がいいのか・・迷っている方はご相談してください。

    あなたが思っているよりも、もっといい条件や高待遇での働き方ができるかも知れません。

    【ハロワの求人票からは分からない情報の入手の仕方】
    ①登録フォームより、無料会員登録
     → 電話かメールにて介護専任エージェントから連絡がくるので、詳細な希望条件等を相談
    ②希望条件を元に求人案件の紹介
     → 気に入れば応募、気に入らなければ再リサーチをしてもらう。
    ③気に入った介護施設への応募・面接のセッティング
     → 面接準備・対策をコンサルタントと一緒にすすめる
    ④コンサルタントと一緒に面接 
     → 内定・お仕事スタート

    面接が不安な方も大丈夫。
    面接が決まったら、「転職成功の秘訣」レポートが皆さんに贈呈されます。
    また、専任エージェントとの面談では、面接対策について相談もできます。




  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




    東京都高齢者保健福祉計画

    東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

    ポイント
    ~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
    ・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
    ・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
    ・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

    重点分野
    1.介護サービス基盤の整備
    ~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
    2.在宅療養の推進
    ~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
    3.認知症対策の総合的な推進
    ~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
    4.介護人材対策の推進
    ~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
    5.高齢者の住まいの確保
    ~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
    6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
    ~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

    東京都高齢者居住安定確保計画

    目標
    ・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
    ・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

    目標実現に向けた取組
    1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
    2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
    3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
    4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



    福祉人材の確保・育成・定着

    ○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

    ○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
    都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

    ○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


    就職・転職コラム

    仮に成長企業だからといって、必ず何年も揺るがない、そんなことは決してありません。だからこそそういう面も時間をかけて情報収集するべきだろう。
    収入自体や職場の待遇などが、すごくよいものでも、働く環境自体が悪化したならば、またまたよそに転職したくなる確率が高いでしょう。
    頻繁に面接の際のアドバイスに、「自分の言葉で語りなさい。」という表現方法を聞きます。しかしながら、自分の心からの言葉で話すことができるという意味内容が飲み込めないのです。
    第二新卒って何のこと?「学校を卒業して就職したけれど約3年以内に離職した若者(一般的には25歳程度まで)」を表します。近年では数年程度という早期退職者が目立つようになったため、このような言葉が誕生したのでしょう。
    「希望の企業に相対して、わたし自身という働き手を、どうにか見処があって華々しく提示できるか」という能力を修練しろ、ということが早道となる。

    上司の命じたことに疑問を感じたからすぐに転職。いわば、こんな風な考え方を持つ人に当たって、採用の担当は用心を感じています。
    しばらくの間企業への応募を一時停止することには、問題が存在します。今なら人を募集をしているところも応募期間が終了することも十分あると断定できるということです。
    どん詰まりを知っている人間は、仕事の際にも力強い。その強力さは、君たちの武器になります。今後の仕事の場面で、着実に役立つ日があるでしょう。
    民間の人材紹介サービスとか派遣会社なんかは、企業に紹介した人が予定していない期間で離職等の失敗があると、労働市場での評判が低くなるから、企業のメリットもデメリットもどっちも正直にお話しします。
    ストレートに言うと就職活動の際には、自己分析(自己理解)を経験しておくと強みになるとハローワークで聞いてリアルにトライしてみた。だけど、まったく役に立たなかったのである。

    おしなべて企業というものは社員に向かって、どのくらいの得策な条件で勤めてくれるのかと、なるべくスピーディに企業の具体的収益に影響を及ぼす力を、発効してくれるかのみを夢想しているのです。
    社会にでた大人とはいえ、きちんとした丁寧語、謙譲語、敬語を使うことができている人は滅多に見かけません。だから、社会人として普通にただの恥と言われるだけなのが、面接という状況で間違えると決定的(この時点で不合格)な場合が多いのである。
    面接試験は、あなたがどのような人なのかを確認する場なので、セリフを上手に読みあげる事が評価されるのではなく、飾らずにアピールすることが大事です。
    一般的に言って最終面接の次元で口頭試問されるのは、過去の面接の際に試問されたことと同じになってしまいますが、「弊社を志望した動機」というのがとりあえず多いようです。
    電話応対すら、面接試験のうちだと認識して取り組みましょう。逆に見れば、担当者との電話応対であったり電話のマナーが優れていれば、そのことで評価も上がるわけです。