グループホームひなた福祉学生アルバイト【正社員介護士福祉施設求人】

☆准看護師取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。


グループホームひなたでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



グループホームひなたの概要

郵便番号 〒132-0003
住所 東京都江戸川区春江町3丁目38-26
電話番号 03-3698-8715
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

グループホームひなたの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



正社員介護士福祉施設求人

☆准看護師取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護士・ヘルパー求人情報

最大の不安! それは介護職でいい就職先を見つけられるか!!

どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?
それも1つの方法だと思います。
ですが、それだけで決めてしまうのはちょっと待ってください。
ハローワークにはない求人情報もあること、ご存じですか?

介護職の種類も様々ですし、介護施設といってもたくさんの種類があります。
いったいどこでどんなことができるのか?
自分1人で考えていてもなかなか先に進めません。

介護のお仕事を初めてやってみようと思っている方、また、経験が浅い方、キャリアアップを考えられている方、ともに不安がたくさんあると思います。

このサイトでは、そんなあなたに非公開の求人情報を提供するとともに、介護業界への就職・転職の仕方、面接のアドバイスまでサポートしてくれるパートナーを紹介します。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 年収が低いのに耐えられなくなった
  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 忙しすぎて精神的にきつくなってきた

転職の理由が「昇給のある会社に転職したい」「紹介予定派遣で働きたい」「経験を活かせる施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「正社員介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●有給休暇が有る施設に勤めたい。

●厚生年金のある介護施設で仕事がしたい。

●パートで働ける介護施設を探している。

●月20日程度の勤務の仕事がしたい。

●人材派遣として介護の仕事がしたい。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

●食事補助が有る施設に勤めたい。

●扶養手当がある施設で働きたい。

●デイサービスの求人を探している。

という希望なら

☆准看護師取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

コチラがおすすめです!



計画作成担当者の勤務先

計画作成担当者 とは

【仕事の内容】
施設サービスの中で、本人の希望を交えて、サービスを組み立て、現場業務を通じてモニタリングをするお仕事

①施設サービスの計画をたてる(自施設利用者の介護計画を作る)
②利用者・家族⇔施設スタッフの調整を行う
③提供するサービスの観察、調整を行う
④家族・かかりつけ医と連携を取り、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
有料老人ホーム・グループホーム(GH)

【必要な資格】
介護支援専門員
※GHの場合は「認知症介護実践者研修」終了者であることが必須です。




未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

かろうじて下準備の段階から面接の過程まで、長い順序を踏んで内定の連絡を貰うまで到着したのに、内々定の後の反応を誤認してしまってはぶち壊しです。
「なにか筆記用具を持ってくること」と載っているなら、筆記テストの可能性がありますし、「懇親会」と記載してあれば、小集団に分かれての討論が手がけられる可能性があるのです。
新卒ではなくて仕事に就きたいならば、バイトや派遣、なんでもいいので仕事経験を積み上げて、さほど大きくない企業を狙い撃ちして就職面接を行うというのが、大筋の抜け道と言えます。
意外なものとして大学卒業時から、速攻で外資を目指す人もいるけれど、実際にはたいていは、国内企業で採用されてから、30歳あたりで外資に転職というパターンの方が多いのだ。
おしなべて企業というものは、雇っている人間に収益全体を戻してあげてはいないのです。給与と突き合わせて実際の労働(必要な労働量)は、正味実働の半分かそれ以下だ。

アルバイト・派遣をしてきて成し遂げた「職歴」を携えて、あちこちの企業に面接を山ほど受けに行くべきです。とどのつまり、就職もタイミングのファクターがあるので、面接を受けまくるのみです。
当然、企業の人事担当者は、採用を希望している人の本当の素質について読み取ることで、「会社にとって必要で、役に立ちそうな人か?」しかと選考しようとしている。そのように感じています。
新卒者でないなら、「入社が可能で、職務経験も蓄積できそうな会社」なら、とにかく入社するのです。社員が数人程度の小さい会社だろうと構わないのです。キャリアと職務経験を得ることができれば大丈夫です。
いかにも未知の番号や通知なしで電話が着たら、神経質になる心理は理解できますが、ぐっと抑えて、先行して自らの名前を名乗るべきでしょう。
いわゆる圧迫面接で、意地の悪い質問をされた場面で、知らず知らず気分を害する方もいるでしょう。その気持ちは理解できますが、生々しい感情を抑えるのは、大人としての当たり前のことです。

何度も面接を受けるほどに、着実に考えが広がってくるので、どうしたいのかがよくわからなくなってくるというような場合は、しばしば諸君が感じることです。
現在就職内定率がとうとう過去最悪と言われているが、しかしそんな状況でも確実に採用内定を掴み取っている人が少なからずいるわけです。じゃあ採用してもらえる人と採用されない人の活動の違いはどこなのか。
「自分自身が現在までに成長させてきたこんな素質やこんな特性を踏まえて、この仕事に就きたい」といったように自分と結びつけて、やっとこさ初めて担当の人に説得力を持って通じます。
働いてみたいのはどんな企業かと聞かれたら、答えに詰まってしまうものの、現在の職場に対する不満となると、「自分に対する評価が間違っている」という感想を抱いている方がたくさんいます。
公共職業安定所などの場所の就職紹介を頼んだ人が、そこの会社に勤務することになると、年齢などの構成要素により、その先からハローワークに向けて推薦料が払われるのだという。