ひだまりの家介護求人【パート介護士福祉施設求人】

☆介護事務の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆看護師取得者の求人多数。☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


ひだまりの家では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



ひだまりの家の概要

郵便番号 〒132-0022
住所 東京都江戸川区大杉3丁目21-4
電話番号 03-3656-3256
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

ひだまりの家の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



パート介護士福祉施設求人

☆介護事務の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆看護師取得者の求人多数。☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



あなたが求めるやりがい・働きがいとは?

一口に「やりがい・働き甲斐」と言っても、その内容は人それぞれです。

  • 自分の能力を発揮できて、かつそれに見合うお給料をいただけること。
  • お給料は平均的にあればいいが、経験が積めること
  • 職場の雰囲気がよく、連携が取れているので自分のモチベーションもあがること

あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。また、あなたの能力も発揮しにくくなります。

就職・転職をする際にあなたがどんなことに喜びを感じるか、自分がやりがいを感じるときはどんな時かをまず考えてみましょう。

あなたが見たことのない、お給料のいい介護施設の求人があるかもしれません。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった
  • 激務なのに時給が安くて大変だった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった
  • 資格を持っているのに活かせる仕事がなかった

転職の理由が「車通勤OKの職場で働きたい」「駅近で通勤しやすいところがいい」「夜勤専従で働きたい」「パート求人を探している」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「パート介護士福祉施設求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●賞与が年2回ある介護施設を探している。

●人材派遣として介護の仕事がしたい。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●訪問リハビリに就職したい。

●社会保険のある介護施設で仕事がしたい。

●未経験者歓迎の施設を探している。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

●ケアマネージャーの資格を活かしたい。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

という希望なら

☆介護事務の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆看護師取得者の求人多数。☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ホームヘルパーの需要と求人

介護を必要としている人が急増している今日の日本では、ホームヘルパーの求人が沢山あります。

常に需要のある職業です。

ホームヘルパーと言うのは、正式名称を訪問介護員と言います。

都道府県知事の指定する、訪問介護員養成研修の課程を修了した者を通称ホームヘルパーや、ヘルパーと言います。

ホームヘルパーは、日常の生活の中で介護を必要としている家庭に訪問して、介護等のサービスを行います。

ホームヘルパーには1級と2級があります。ホームヘルパー2級資格取得者は、身体介護や家事援助などが行えます。

ホームヘルパー1級資格取得者は、訪問介護事業所において利用者とホームヘルパーとのコーディネートを行う、サービス提供責任者となることができます。

いずれのホームヘルパー求人も常に行われています。

求人は、都道府県の公営の施設から、民間の有料の施設まであります。

就職して仕事をしながらスキルアップが目指せる仕事です。

また、自分の都合を考えながらパートとして働くこともできます。




パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。

  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。

    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。



    介護施設の種類と特徴

    介護施設の種類と特徴

    デイサービス
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

    【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

    特別養護老人ホーム
    身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

    【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

    グループホーム
    認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
    スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

    【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

    有料老人ホーム
    主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

    【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

    ショートステイ
    短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

    【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

    サービス付き高齢者向け住宅
    一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

    【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

    老人保健施設
    入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
    ※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

    【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

    小規模多機能施設
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

    【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

    訪問介護
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
    ※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

    【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

    訪問入浴
    ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

    ケアハウス
    助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




    介護人材等の確保・育成・定着を支援します。

    都内で必要とされる介護人材等の安定した確保・育成・定着に向け、介護の仕事に関する普及啓発、事業者の採用支援、キャリアパスの導入支援、宿舎借り上げ支援、職場改善など、総合的な取組を行います。

    主な事業展開

    介護人材確保対策事業

    ・職場体験事業
    介護業務を経験したことのない者を対象として、職場体験の機会を提供します。
    ・介護職員初任者研修資格取得支援事業
    介護業界への就労を希望し、職場体験事業を経た者を対象として、介護職員初任者研修の資格取得を支援します。
    ・トライアル雇用事業
    介護業務への就労を希望する無資格者を対象として、介護施設等での雇用先確保と資格取得支援を合わせて行います。

    潜在的介護職員活用推進事業

    ・紹介予定派遣を活用し、雇用のミスマッチの解消と派遣期間中の継続的な支援により、潜在的有資格者の就業の促進と介護人材の安定的な確保を図ります。

    東京都介護職員キャリアパス導入促進事業

    ・国の「介護キャリア段位制度」を活用し、職責に応じた処遇を実現するキャリアパスの導入に取り組む事業者を支援し、介護人材の定着・育成等を図ります。

    現任介護職員資格取得支援事業

    ・現任介護職員の育成及びサービスの質の向上を図るため、介護施設・事業所で働く介護職員の介護福祉士国家資格取得を支援します。

    介護職員スキルアップ研修事業

    ・介護職員を対象に、医療的知識や高齢者特有の身体的特徴、緊急時の対応などの研修を実施し、安全で適切な介護サービスの提供を促進します。

    代替職員の確保による現任介護職員等の研修支援事業

    ・介護保険事業所等が、介護職員等に研修を受講させる場合、代替職員を派遣し、介護職員等の資質の向上を図ります。

    介護職員等によるたんの吸引等のための研修事業

    ・特別養護老人ホーム等の施設や在宅において、適切にたんの吸引等の医療的ケアを行うことができる介護職員等を養成するため、研修を実施するとともに、事業者及び従事者の登録、登録研修機関への初度経費補助等を行います。

    東京都介護職員宿舎借り上げ支援事業

    ・住宅費負担を軽減し良好な居住環境の提供による働きやすい職場環境を実現するとともに、施設による防災の取組を計画的に進め、地域の災害福祉拠点として災害時の迅速な対応を推進するため、介護職員宿舎の借り上げを行う事業者を支援します。

    訪問看護人材確保育成事業

    ・訪問看護サービスの安定的な供給を図るため、地域における新任訪問看護師の育成や認定訪問看護師資格取得支援等を実施し、訪問看護人材の確保・育成・定着を図ります。

    新任訪問看護師就労応援事業

    ・質の高い訪問看護師の確保を図るため、訪問看護未経験の看護職が不安なく訪問看護分野への就労を選択できる環境を整える事業者を支援します。

    訪問看護師勤務環境向上事業

    ・中小規模の訪問看護ステーションに勤務する看護職の勤務環境向上の一環として、訪問看護師が研修受講する場合に必要な代替職員を確保する経費の一部を補助します。

    訪問看護師定着推進事業

    ・訪問看護ステーションの看護職の定着を図るため、訪問看護師が産休・育休・介休を取得する場合に必要な代替職員を確保する経費の一部を補助します。

    訪問看護ステーション事務職員雇用支援事業

    ・職員の事務負担を軽減し、専門業務に注力できる環境を整備するため、事務職員を新たに配置する訪問看護ステーションを支援します。



    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



    就職・転職コラム

    社会人でも、正しい丁寧語、謙譲語そして敬語を使うことができている人は滅多に見かけません。ほとんどの場合、世の中では恥で済ませられるけれど、面接の場面で間違った敬語を使うと致命的な悪印象をもたれるように働くことが多い。
    いわゆるハローワークの求人紹介を受けた際に、その場所に勤務が決まると、色々な条件によって、そこの企業より職業安定所に就職仲介料が振り込まれるとのことだ。
    内々定というのは、新卒者に関する選考等の企業の作った倫理憲章に、正式な内定日は、どんなに早くても、10月1日以降であると決められているので、とりあえず内々定という形式をとっているものなのだ。
    知っておきたいのは退職金については、解雇ではなく本人の申し出による退職だったら会社の退職金規程によって違うけれど、解雇されたときほどの額は支給されないので、退職するまでに転職先が決まってから退職するべきなのである。
    何回か就職選考にトライしているうちに、無念にも不採用になる場合ばっかりだと、十分にあったモチベーションが日増しにみるみる無くなってしまうということは、努力していても起きることで、気にする必要はありません。

    ニュースでは就職内定率がとうとう過去最悪になったが、そのような就職市場でも手堅く合格通知をもらっているという人がたくさんいる。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の致命的な違いは何なのでしょうか。
    自分も就職活動を始めたときは、「いい会社を見つけるぞ」と燃えていたけれども、いくらやっても悪い結果ばかりが続いて、いまじゃもう企業の説明会に行く事でさえ恐怖でできなくなって動けなくなってしまいます。
    総合的にみて企業と言うものは、途中採用の人間の育成向けのかける時間やコストは、なるべく節約したいと思案しているため、自分の努力で役立つことが要求されているのでしょう。
    「自分の今持っている力を貴社なら役立てられる(会社に尽くせる)」、そこで貴社を入社したいというようなことも、ある意味重要な要素です。
    想像を超えた実情を抱えて、退職・転職を希望しているケースが急激に増えています。ですが、転職すると決めたはいいけれど、希望通り転職してからの人生が計画と異なる場合もいくらでもあるのが実際に起こり得ます。

    転職活動が新規学卒者の就職活動と100%異なるのは、「職務経歴書」だということです。今までの職務内容などを把握しやすく、ポイントを確実に押さえて作成することが求められます。
    気分良く作業を進めてもらいたい、少しだけでも条件のよい扱いを進呈してあげたい、その人の可能性を伸ばしてあげたい、レベルアップさせてあげたいと雇い主の方も思っていることでしょう。
    自分を省みての自己分析をするような時の注意しなければならない点は、具体的でない表現を出来る限り用いない事です。観念的な言い方では、人事部の人間を同意させることはとても難しいことでしょう。
    なるほど不明の番号や非通知の電話番号より電話されたら、緊張する心理は理解できますが、それにぐっと耐えて、最初に自ら名前を告げるべきでしょう。
    一部大学を卒業とあわせて、外資系企業への就職を目指す方もいないわけではないが、やはり実際には大多数は、まずは外資以外で採用されてそれなりの経験を積んで、30歳くらいで外資系企業に転職というパターンの方が多いのだ。